フリーエリア
ツイッター
フリーエリア

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1381' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
15

養老瓢箪博物館 ひょうたん会館

岐阜の養老町あたりの人々は、「珍」という言葉が好きなのかも。またまた看板の中に「珍」の文字がある施設。古くて珍しい瓢箪のことを、珍古瓢と呼ぶのですか。ひょうたんとは、大きくすると、実はスペーシーなデザインだったと判明します。今にも飛んで行きそう。ひょうたんが、好きです。へちま同様、役に立つから。1階のお土産物店で、ちょっと物色。2階が、博物館。かなり時代がついています。昭和のまま、時が止まっています... 岐阜の養老町あたりの人々は、「珍」という言葉が好きなのかも。<br />またまた看板の中に「珍」の文字がある施設。<br /><br />古くて珍しい瓢箪のことを、珍古瓢と呼ぶのですか。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hP1000105.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hP1000105.jpg" alt="hP1000105.jpg" border="0" width="500" height="342" /></a><br /><br />ひょうたんとは、大きくすると、実はスペーシーなデザインだったと判明します。<br />今にも飛んで行きそう。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hP1000106.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hP1000106.jpg" alt="hP1000106.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br />ひょうたんが、好きです。へちま同様、役に立つから。<br />1階のお土産物店で、ちょっと物色。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hP1000107.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hP1000107.jpg" alt="hP1000107.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hP1000108.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hP1000108.jpg" alt="hP1000108.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br /><br />2階が、博物館。<br />かなり時代がついています。昭和のまま、時が止まっています。<br />ひょうたん栽培の過程を、手造りジオラマで説明していました。(撮影失敗)<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hP1000112.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hP1000112.jpg" alt="hP1000112.jpg" border="0" width="500" height="325" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hP1000113.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hP1000113.jpg" alt="hP1000113.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hP1000134.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hP1000134.jpg" alt="hP1000134.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br />日本中に愛好家がいるのでしょう。奥深い世界なので。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hP1000144.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hP1000144.jpg" alt="hP1000144.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />志賀直哉の名作<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4087520226?ie=UTF8&tag=chinsupodaihy-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4087520226">清兵衛と瓢箪</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=chinsupodaihy-22&l=as2&o=9&a=4087520226" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />を思い出します。<br />日夜夢中になって瓢箪を磨く清兵衛。ちょっと気持ちわかります・・・。<br /><br />(撮影は、2008年2月)
  • Date : 2009-09-18 (Fri)
  • Category : 岐阜県
14

珍スポ☆ボツネタ☆その8 民芸と造形

引き続き、写真整理中・・・。菊池貝類館と一緒に、ワンダーJAPAN8号 京都・奈良ワンダーに掲載した Amazon.co.jp ウィジェット「民芸と造形」。何その呼称?と思われるかもしれませんが、一戸建て住宅の庭とその向かいの敷地に広がる、大量の作品をどう呼んでいいかわからなかったのです。ご本人も不在で。その時、作品の隙間から見えた手造り看板にこう書かれていました。「民芸と造形」。日本民藝館の創設者・柳宗悦氏による... 引き続き、写真整理中・・・。<br />菊池貝類館と一緒に、<br />ワンダーJAPAN8号 京都・奈良ワンダーに掲載した<br /><br /><OBJECT classid="clsid:D27CDB6E-AE6D-11cf-96B8-444553540000" codebase="http://fpdownload.macromedia.com/get/flashplayer/current/swflash.cab" id="Player_43a87f64-1805-4358-8e88-578c61b91a53" WIDTH="400px" HEIGHT="150px"> <PARAM NAME="movie" VALUE="http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Fdaibutu2005-22%2F8010%2F43a87f64-1805-4358-8e88-578c61b91a53&Operation=GetDisplayTemplate"><PARAM NAME="quality" VALUE="high"><PARAM NAME="bgcolor" VALUE="#FFFFFF"><PARAM NAME="allowscriptaccess" VALUE="always"><embed src="http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Fdaibutu2005-22%2F8010%2F43a87f64-1805-4358-8e88-578c61b91a53&Operation=GetDisplayTemplate" id="Player_43a87f64-1805-4358-8e88-578c61b91a53" quality="high" bgcolor="#ffffff" name="Player_43a87f64-1805-4358-8e88-578c61b91a53" allowscriptaccess="always" type="application/x-shockwave-flash" align="middle" height="150px" width="400px"></embed></OBJECT> <NOSCRIPT><A HREF="http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Fdaibutu2005-22%2F8010%2F43a87f64-1805-4358-8e88-578c61b91a53&Operation=NoScript">Amazon.co.jp ウィジェット</A></NOSCRIPT><br /><br />「民芸と造形」。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000154.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000154.jpg" alt="mzP1000154.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br />何その呼称?と思われるかもしれませんが、<br />一戸建て住宅の庭とその向かいの敷地に広がる、<br />大量の作品をどう呼んでいいかわからなかったのです。<br />ご本人も不在で。<br /><br />その時、作品の隙間から見えた手造り看板にこう書かれていました。<br />「民芸と造形」。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000162.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000162.jpg" alt="mzP1000162.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mz2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mz2.jpg" alt="mz2.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br /><br />日本民藝館の創設者・柳宗悦氏による民芸運動と、<br />関係があるのでしょうか。<br /><br />ちなみに、掲げられた看板は、他にもいくつかありました。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mz.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mz.jpg" alt="mz.jpg" border="0" width="368" height="500" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000204.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000204.jpg" alt="mzP1000204.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000164.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000164.jpg" alt="mzP1000164.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000163.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000163.jpg" alt="mzP1000163.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />どれも、素晴らしい。<br />あえて、芸術なんて言葉とは無縁なんだとおっしゃっているようにも見えます。<br />趣味なんだよーと絶叫されているようにも。<br />いさぎよし。<br /><br />ここを訪れたら、きっと誰もが夢中でシャッターを押すことでしょう。<br />フォトジェニックな作品群。<br />(普通のご家庭なので、庭の方は、ご家族に許可を得る必要あり。)<br /><br />塗りなおすと、もっと良くなりそうな作品もいくつか。<br />(自然と融合して、いい感じに変化しているものも多いのですが)<br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000168.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000168.jpg" alt="mzP1000168.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br />この犬に、惹かれます。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodai。hyakka/mzP1000189.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000189.jpg" alt="mzP1000189.jpg" border="0" width="363" height="500" /></a><br /><br />浦沢直樹氏の漫画「MONSTER」に登場したキャラクターに似ています。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000151.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000151.jpg" alt="mzP1000151.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br />カラフルな塔をテーマにした作品が多いのです。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000193.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000193.jpg" alt="mzP1000193.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000195.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000195.jpg" alt="mzP1000195.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000206.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000206.jpg" alt="mzP1000206.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br />愛らしいバケツ。崩れてオヨヨッという感じになっているあたりが、また良し。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000207.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000207.jpg" alt="mzP1000207.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000169.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000169.jpg" alt="mzP1000169.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000188.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mzP1000188.jpg" alt="mzP1000188.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br />こういった作品を、まとめて展示する施設があると良いのですが。<br />みんぱく、国立民俗博物館あたりは?<br /><br />(撮影は、2008年2月)<br />
  • Date : 2009-09-17 (Thu)
  • Category : 岐阜県
12

珍品城

岐阜県、養老町あたりを走っていると、「珍」の文字を発見。しかも、お城ではないですか。これは見過ごせません。珍仲間として訪問することに。正式名称は、「骨董品、古美術の珍品センター」。広い敷地内には、「珍品城」「珍品センター」「古今珍品情報流通センター」と、色んな看板が並んでいます。店内は、撮影禁止。残念。それはそれは壮大な、骨董品店でした。常時5万点以上を扱っているそうです。↓店内の写真が少しあります... 岐阜県、養老町あたりを走っていると、「珍」の文字を発見。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/s-P1000072.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/s-P1000072.jpg" alt="s-P1000072.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br />しかも、お城ではないですか。<br />これは見過ごせません。珍仲間として訪問することに。<br /><br />正式名称は、「骨董品、古美術の珍品センター」。<br />広い敷地内には、「珍品城」「珍品センター」「古今珍品情報流通センター」と、<br />色んな看板が並んでいます。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/s-P1000070.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/s-P1000070.jpg" alt="s-P1000070.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/s-P1000071.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/s-P1000071.jpg" alt="s-P1000071.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/s-P1000073.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/s-P1000073.jpg" alt="s-P1000073.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/s-P1000074.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/s-P1000074.jpg" alt="s-P1000074.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />店内は、撮影禁止。残念。<br />それはそれは壮大な、骨董品店でした。<br />常時5万点以上を扱っているそうです。↓店内の写真が少しあります。<br /><br />リンク: <a href="http://www.chinpin.biz/index.html" target="_blank" title="珍品センターホームページ">珍品センターホームページ</a><br /><br />壁一杯の掛け軸箱、古時計、山のように詰まれた木製の看板、天井を埋め尽くすランプ、<br />棚一杯の壷、人形、ケースに入った見事な鎧フルセットに、太鼓、文机も。<br />ため息。<br />しかも、比較的リーズナブルなお値段のものが多い。(高価なものも多数ありますが)<br /><br />その理由は、このお店のシステムにありました。<br />個人が、委託しているのです。<br />なので、出品している方が、売りたい値段をつけているのかも。<br /><br />同行者、ある古道具を購入。格安で。<br />骨董品を探している方は、掘り出し物に出会える可能性大ですよ。<br /><br />(撮影は2008年2月)<br />
  • Date : 2009-09-15 (Tue)
  • Category : 岐阜県
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。