フリーエリア
ツイッター
フリーエリア

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1381' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
27

山形県立博物館

夜が早い、山形。博物館の終了も早いのです・・・。(入場は16時半まで)山形県立博物館。リンク: 山形県立博物館 ホームページ博物館のお宝は、このエレガントな土偶「西ノ前 土偶」。縄文時代中期(約4500年前)のものと言われているそうです!高さ45センチ、8頭身の美しい姿。足がガンダム?パンタロン?特別展「山寺・歴史と祈り」開催中。2009年10月19日まで。仏像や絵図・古文書などおよそ200点が展示されていまし... 夜が早い、山形。<br />博物館の終了も早いのです・・・。(入場は16時半まで)<br /><br />山形県立博物館。<br />リンク: <a href="http://www6.ocn.ne.jp/~ykmuseum/" target="_blank" title="山形県立博物館 ホームページ">山形県立博物館 ホームページ</a><br /><br />博物館のお宝は、このエレガントな土偶「西ノ前 土偶」。<br />縄文時代中期(約4500年前)のものと言われているそうです!<br /><br />高さ45センチ、8頭身の美しい姿。足がガンダム?パンタロン?<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hakubutu004.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hakubutu004.jpg" alt="hakubutu004.jpg" border="0" width="349" height="500" /></a><br /><br />特別展「山寺・歴史と祈り」開催中。2009年10月19日まで。<br />仏像や絵図・古文書などおよそ200点が展示されていました。<br /><br />これまた時間が無くて、ダッシュ。<br /><br />「ばんどり」と「みの」。いいデザインです。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hakubutu001.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hakubutu001.jpg" alt="hakubutu001.jpg" border="0" width="349" height="500" /></a><br /><br /><br />リアルに再現された室内。<br />「おしん」を思い出します・・・。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hakubutu002.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hakubutu002.jpg" alt="hakubutu002.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><br />バタバタと移動している途中、妖気を発する建物に遭遇。<br />車中よりパチリ。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hakubutu003.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/hakubutu003.jpg" alt="hakubutu003.jpg" border="0" width="414" height="500" /></a><br /><br />もちろん、営業中。<br /><br />(撮影は、2009年9月)<br />
  • Date : 2009-09-29 (Tue)
  • Category : 山形県
26

山形市郷土館 (旧済生館本館)

山形市郷土館(旧済生館本館)たどりついた時点で、時間切れ。閉館。入場は無料。展示内容は旧済生館をしのぶ医療、医学教育に関する資料、郷土および本邦医学の発展を知る漢方ならびに西洋医学関係の資料、山形城や郷土の歴史に関係ある資料を展示。リンク: 日本の科学館めぐり 山形市郷土館 よりとのことです。詳しい人のページ↓ 展示品の写真あり。リンク: 邪馬台国 大研究 山形市郷土館元々は、病院。なんとカラフル... 山形市郷土館(旧済生館本館)<br /><br />たどりついた時点で、時間切れ。閉館。<br />入場は無料。<br /><br />展示内容は<br /><br />旧済生館をしのぶ医療、医学教育に関する資料、<br />郷土および本邦医学の発展を知る漢方ならびに西洋医学関係の資料、<br />山形城や郷土の歴史に関係ある資料を展示。<br /><br />リンク: <a href="http://museum-dir.jst.go.jp/06-402/06-402.htm" target="_blank" title="日本の科学館めぐり 山形市郷土館">日本の科学館めぐり 山形市郷土館</a> より<br /><br />とのことです。<br /><br />詳しい人のページ↓ 展示品の写真あり。<br /><br />リンク: <a href="http://www.inoues.net/museum/yamagata_museum.html" target="_blank" title="邪馬台国 大研究 山形市郷土館">邪馬台国 大研究 山形市郷土館</a><br /><br />元々は、病院。<br />なんとカラフルな。ドーム形大屋根の三層楼16角形の洋風建築物です。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/yamagata000.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/yamagata000.jpg" alt="yamagata000.jpg" border="0" width="383" height="500" /></a><br /><br />明治初期の擬洋風建築としては、日本の最高傑作と言われているそうです。<br /><br />(撮影は、2009年9月)
  • Date : 2009-09-28 (Mon)
  • Category : 山形県
25

致道博物館

致道(ちどう)博物館。お目当ては、「ばんどり」のコレクション。ばんどりとは荷物を担ぐ時に、背中が痛くならないよう、あるいは、衣服が傷まないように荷物と背中の間にいれるもの。背中当てのこと。一般的には、こんな感じ↓のもののようです。リンク: 西川町ホームページ 民具しかーし、庄内のばんどりは、ちょっと違う。カラフル、ファッショナブル、アフリカン(?)。こちらは↓ 文翔館に展示されていた「はねばんどり」... 致道(ちどう)博物館。<br /><br />お目当ては、「ばんどり」のコレクション。<br /><br />ばんどりとは<br />荷物を担ぐ時に、背中が痛くならないよう、あるいは、衣服が傷まないように<br />荷物と背中の間にいれるもの。背中当てのこと。<br /><br />一般的には、こんな感じ↓のもののようです。<br />リンク: <a href="http://www.nishikawa-machi.com/mingu_113.htm" target="_blank" title="西川町ホームページ 民具">西川町ホームページ 民具</a><br /><br />しかーし、庄内のばんどりは、ちょっと違う。<br />カラフル、ファッショナブル、アフリカン(?)。<br /><br />こちらは↓ 文翔館に展示されていた「はねばんどり」。<br />(写真がOKだったのは、これぐらい・・・。)<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/chidou006.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/chidou006.jpg" alt="chidou006.jpg" border="0" width="333" height="500" /></a><br /><br />致道博物館ホームページを飾っているのも、ばんどり。<br />リンク: <a href="http://www7.ocn.ne.jp/~chido/" target="_blank" title="致道博物館ホームページ">致道博物館ホームページ</a><br /><br />華やかなものは、「祝いばんどり」とも呼ばれるようですが。<br />婚礼の時、嫁入り道具を運ぶために使われるため、より装飾的になっていったようです。<br /><br />そんなばんどりが、各種見られるホームページあり。<br />素晴らしい。<br />どこかアフリカの造形に似ていませんか。<br />リンク: <a href="http://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageId=86556&imageNum=3" target="_blank" title="文化遺産オンライン 庄内のばんどりコレクション">文化遺産オンライン 庄内のばんどりコレクション</a><br /><br />そんな、ばんどりがずらりと並ぶという、致道博物館。<br /><br />あれ、どうも規模が大きいような・・・。<br />全体の地図。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/chidou005.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/chidou005.jpg" alt="chidou005.jpg" border="0" width="500" height="413" /></a><br /><br /><br />・・・ばんどりは、どこ?ちょっとした街になっています。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/chidou002.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/chidou002.jpg" alt="chidou002.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><br />旧鶴岡警察署庁舎。なんとハイカラな。1884年立。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/chidou004.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/chidou004.jpg" alt="chidou004.jpg" border="0" width="500" height="377" /></a><br /><br /><br />3階建て!<br />しかも2階までは自由に上って良し、の<br />旧渋谷家住宅田麦俣の民家。豪雪地帯仕様。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/chidou003.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/chidou003.jpg" alt="chidou003.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><br />うろうろしたあげく、ようやく収蔵庫にあることが判明。<br />ばんどりコレクション、ガラスケースにずらり、鎮座していました。<br />もう少し、明るい所でじっくりと見たかった。民具いっぱいの雑多な展示だったので。<br /><br />写真集など、出版されると良いのですが。<br /><br />(撮影は、2009年9月)<br />
  • Date : 2009-09-27 (Sun)
  • Category : 山形県
24

羽黒山

山形、続きます。出羽三山の、面白きことよ・・・。出羽三山(でわさんざん)とは、山形県庄内地方にひろがる月山・羽黒山・湯殿山の総称で、主に修験道の山岳信仰の場です。山伏。詳しいことは、こちら↓で。リンク: 出羽三山ホームページ開山した蜂子皇子(はちこのおうじ)は、ものすごいお顔立ち。リンク: 全農庄内山形ホームページ 蜂子皇子肖像画というわけで、羽黒山。土産物店の手書き看板が、マンガ「ナニワ金融道」... 山形、続きます。<br /><br />出羽三山の、面白きことよ・・・。<br /><br />出羽三山(でわさんざん)とは、山形県庄内地方にひろがる月山・羽黒山・湯殿山の総称で、<br />主に修験道の山岳信仰の場です。山伏。<br /><br />詳しいことは、こちら↓で。<br />リンク: <a href="http://www.dewasanzan.jp/" target="_blank" title="出羽三山ホームページ">出羽三山ホームページ</a><br /><br /><br />開山した蜂子皇子(はちこのおうじ)は、ものすごいお顔立ち。<br />リンク: <a href="http://www.shonaimai.or.jp/haguro/photo_03/ph_07.html" target="_blank" title="全農庄内山形ホームページ 蜂子皇子肖像画">全農庄内山形ホームページ 蜂子皇子肖像画</a><br /><br />というわけで、羽黒山。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/haguro008.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/haguro008.jpg" alt="haguro008.jpg" border="0" width="500" height="321" /></a><br /><br /><br />土産物店の手書き看板が、マンガ「ナニワ金融道」の背景画のようで・・・。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/haguro004.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/haguro004.jpg" alt="haguro004.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><br />美しい杉並木が続きます。かなりの大きさ。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/haguro003.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/haguro003.jpg" alt="haguro003.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/haguro000.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/haguro000.jpg" alt="haguro000.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br /><br />わ、わらぶき!あれは、鐘楼です。中に建治の大鐘あり。<br />鐘の口径が1.68mと聞けば、全体の巨大さがわかるでしょうか。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/haguro009.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/haguro009.jpg" alt="haguro009.jpg" border="0" width="500" height="349" /></a><br /><br /><br />↓日本最大のわらぶき屋根社殿、三神合祭殿(さんしんごうさいでん)。<br />月山・羽黒山・湯殿山の三神が合祀されています。<br /><br />これまた、びっくりするぐらいの大きさ。高さ28mとありますが、<br />わらぶき屋根のボリュームがもの凄くて。アフロヘアを連想します。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/haguro002.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/haguro002.jpg" alt="haguro002.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><br />屋根を支えているのは、黒い人々。けなげ。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/haguro001.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/haguro001.jpg" alt="haguro001.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br />とまあ、ここもどこが珍スポット?と問われれば、<br />いや、全体的な雰囲気がそうなんです!とでも申しましょうか・・・。<br /><br />境内にある博物館の充実ぶりは物凄く、(特に山伏関係の)<br />ここにたどり着くまでの道々にある宿坊にかかげられた「魔除けの引綱」は<br />何とも奇妙なデザインで、迫力が・・・。<br /><br />宿坊に泊まったり、修行したり、楽しさいっぱい。<br /><br />リンク: <a href="http://www.shonai-airport.co.jp/tokushu/haguro/index.html" target="_blank" title="出羽三山羽黒山ホームページ 宿坊">出羽三山羽黒山ホームページ 宿坊</a><br /><br />1週間ぐらい滞在しての三山めぐりは、いかがでしょう。<br /><br />(撮影は、2009年9月)<br /><br /><br />
  • Date : 2009-09-26 (Sat)
  • Category : 山形県
23

文翔館

「第2回ボーダレスアート展inやまがた」開催中とのことで、文翔館へ。(展覧会は、23日終了)リンク: 第2回ボーダレスアート展inやまがた ブログ↑こちらの展覧会、タイトル以外の告知なし。どんな作品が出品されているのか、全くわからず。もう少し、作品の写真などを使って広報するべきなのでは・・・。というわけで、空振り覚悟で。会場は、元県庁の建物とのことで・・・え?あれ?うわ。ゴージャスです。中に入ると、これま... 「第2回ボーダレスアート展inやまがた」開催中とのことで、文翔館へ。<br />(展覧会は、23日終了)<br />リンク: <a href="http://blogs.yahoo.co.jp/tanbo_nome/7171.html" target="_blank" title="第2回ボーダレスアート展inやまがた ブログ">第2回ボーダレスアート展inやまがた ブログ</a><br /><br />↑こちらの展覧会、タイトル以外の告知なし。<br />どんな作品が出品されているのか、全くわからず。<br />もう少し、作品の写真などを使って広報するべきなのでは・・・。<br />というわけで、空振り覚悟で。<br /><br /><br />会場は、元県庁の建物とのことで・・・え?あれ?うわ。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/bunsyoukan008.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/bunsyoukan008.jpg" alt="bunsyoukan008.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><br />ゴージャスです。<br />中に入ると、これまた大正ロマンの香りがいっぱい。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/bunsyoukan007.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/bunsyoukan007.jpg" alt="bunsyoukan007.jpg" border="0" width="401" height="500" /></a><br /><br />正式名称は<br />「山形県郷土館(重要文化財「山形県旧県庁舎及び県会議事堂」(愛称:文翔館)<br />大正5年に建てられました。↓写真豊富。<br />リンク: <a href="http://www.gakushubunka.jp/bunsyokan/" target="_blank" title="文翔館ホームページ">文翔館ホームページ</a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/bunsyoukan001.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/bunsyoukan001.jpg" alt="bunsyoukan001.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br />ガイドの年配男性がいて、たくさん人がいて、皆、展覧会に来たのかと思っていたら、<br />この建物内部を見学されていたのでした。<br /><br />美しいステンドグラス。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/bunsyoukan005.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/bunsyoukan005.jpg" alt="bunsyoukan005.jpg" border="0" width="500" height="366" /></a><br /><br />踊りたくなるような正庁室、貴賓室。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/bunsyoukan002.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/bunsyoukan002.jpg" alt="bunsyoukan002.jpg" border="0" width="390" height="500" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/bunsyoukan004.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/bunsyoukan004.jpg" alt="bunsyoukan004.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br />広い。全体がわかりづらいので、模型の写真を。<br />ヘッドの部分は、時計塔。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/bunsyoukan006.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/bunsyoukan006.jpg" alt="bunsyoukan006.jpg" border="0" width="500" height="330" /></a><br /><br />山形の歴史が時代に沿ってわかる、丁寧な展示もあり。<br /><br /><br />ギャラリー2から8では、ボーダレスアート展。<br />滋賀のボーダレス・アートミュージアムNO-MAコレクションの<br />有名スター作家(このジャンルの)による力作がずらりと並び、<br />充実の展示内容でした。もちろん展示は、撮影禁止。<br /><br /><br />全然、変わったスポットじゃないじゃん、との声が聞こえてきそうですが・・・。<br /><br />こういう展覧会が開かれていることでおわかりのように、<br />こちらは、会議室、ギャラリー、ホール、中庭がレンタル可能なのです!<br />しかも、一番安い第1ギャラリーだと、9時-13時半で560円。<br /><br />個人スポンサーによる、レトロ大パーティー開催も夢ではありません。<br /><br />しかも、山形には、このレベルの建物が、いくつもいくつもあるのです。<br />レトロタウン山形。優雅です。<br /><br />(撮影は2009年9月)<br /><br /><br /><br /><br />
  • Date : 2009-09-25 (Fri)
  • Category : 山形県
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。