フリーエリア
ツイッター
フリーエリア

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1381' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
100

伊藤若冲 アナザーワールド

千葉市美術館で開催中の、伊藤若冲 アナザーワールド観賞。会期 2010年5月22日(土) ~ 6月27日(日)リンク: 千葉市美術館 伊藤若冲 アナザーワールド遠いし若冲作品けっこう見てるし千円・・・と、うだうだ迷ったあげく足を運んだところ・・・。大当たり。行くべし、ですよ。上野あたりだと人、人、人の隙間をぬって見ることしか出来ない名品を顔を近づけたり離したりしつつ心ゆくまで観賞することが出来ます。作品を見ながら... 千葉市美術館で開催中の、伊藤若冲 アナザーワールド観賞。<br />会期 2010年5月22日(土) ~ 6月27日(日)<br />リンク: <a href="http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2010/0522/0522.html" target="_blank" title="千葉市美術館 伊藤若冲 アナザーワールド">千葉市美術館 伊藤若冲 アナザーワールド</a><br /><br />遠いし若冲作品けっこう見てるし千円・・・と、うだうだ迷ったあげく<br />足を運んだところ・・・。<br />大当たり。<br /><br />行くべし、ですよ。<br />上野あたりだと人、人、人の隙間をぬって見ることしか出来ない名品を<br />顔を近づけたり離したりしつつ<br />心ゆくまで観賞することが出来ます。<br /><br />作品を見ながら独り言がぽろっと出たり、<br />ほぉーなんて溜め息があちらこちらからやたらと漏れている(笑)<br />独特の空間ですが。<br /><br />静岡から<a href="http://jugemhorizon.img.jugem.jp/20081021_568668.jpg" target="_blank" title="樹花鳥獣図屏風">樹花鳥獣図屏風</a>(リンクは画像検索より)が来ていました。<br />プライスコレクションの<a href="http://image.blog.livedoor.jp/uandi_shonan/imgs/a/a/aa6087f2.jpg" target="_blank" title="鳥獣草花図屏風">鳥獣草花図屏風</a>(リンクは画像検索より)と共に<br />このあたりの作品は、若冲本人が描いたか工房作か、など<br />色々と説が出ているのですね。<br /><br />詳しく色んな人の説が紹介されているブログ↓<br />リンク: <a href="http://d.hatena.ne.jp/dream9/20060905" target="_blank" title="[美術] 「鳥獣花木図屏風」の真贋論争">[美術] 「鳥獣花木図屏風」の真贋論争</a><br /><br />まあどんな背景があるにしても、面白い絵であることは間違いありません。<br />一見の価値アリ。<br /><br /><a href="http://pds.exblog.jp/pds/1/200812/22/26/d0010626_1443336.jpg" target="_blank" title="象と鯨図屏風">象と鯨図屏風</a>(リンクは画像検索より)の展示は、6月14日から。<br />これまた途方も無い傑作です。<br /><br />鳥、鶏、トリ。鳥を中心に動物いっぱい。<br />これでもかこれでもかの技術、技法満載で、<br />細かすぎる描写が凄まじいほどのリアルを生み出していることもあれば、<br />描きこみずぎてクド~い絵になっていたり。<br /><br />抜けた「ほんわか」系作品が登場するのもご愛嬌。<br /><br />昨今は「<a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000WMCED2/daibutu2005-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">単眼鏡</a>」持参で熱心に観賞されている年配の方を<br />よく見かけます。<br />それもまた、面白いかも。<br />おすすめです。<br /><br />(観賞は、2010年5月)<br /><br /><br />
  • Date : 2010-05-31 (Mon)
  • Category : 千葉県
60

松戸市立博物館 その2

引き続き、松戸市立博物館。団地(展示)のさらに先、静かに佇んでいたのが、この特別ルーム。見逃しては、いけません。立っているのは、誰?こ、虚無僧!よく見ると、帯が蝶々結び。プリティ。総本山?の虚無僧寺一月寺は、一度、閉じられたとのこと。一月寺は、今も松戸にあるそうです。以下、HELLO!まつどホームページより、引用。虚無僧とは何ぞや?唐代の風狂僧鎮州普化和尚の生き方にならい、世間は虚仮で実体がないと観じ... 引き続き、松戸市立博物館。<br /><br />団地(展示)のさらに先、静かに佇んでいたのが、この特別ルーム。<br />見逃しては、いけません。<br /><br />立っているのは、誰?<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/komu001.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/komu001.jpg" alt="komu001.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br /><br />こ、虚無僧!<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/komu002.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/komu002.jpg" alt="komu002.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br />よく見ると、帯が蝶々結び。プリティ。<br /><br />総本山?の虚無僧寺一月寺は、一度、閉じられたとのこと。<br />一月寺は、今も松戸にあるそうです。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/komu003.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/komu003.jpg" alt="komu003.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br />以下、HELLO!まつどホームページより、引用。<br /><br /><strong>虚無僧とは何ぞや?<br /><br />唐代の風狂僧鎮州普化和尚の生き方にならい、<br />世間は虚仮で実体がないと観じ、<br />心を虚無にし、尺八を法器とし、<br />尺八を吹くことで禅の奥義を窮めんとしたことから名付けられた。<br /><br />実際には、禅僧としての活動はせず、<br />尺八を吹いて金銭を乞う遊芸人にすぎない者や、<br />自由に旅をできる特権を生かし、<br />浪人や無頼の徒が身を隠す手段に利用した。<br /><br />ぼろをまとって物乞いをしたので暮露や、こも僧ともいわれた。<br /><br />のちには美服を着用し、ビロードに金糸縫取りの尺八袋をもつ<br />伊達姿の虚無僧も現れたという。<br /><br />「徒然草」にも言及されており、<br />今もってテレビの時代劇や、街頭で大人気のキャラクターといえるでしょう。</strong><br /><br />リンク: <a href="http://www.hellomatsudo.com/jpn/unchiku/unchiku02.php3" target="_blank" title="HELLO!まつど  うんちく/一月寺と虚無僧の暮らし">HELLO!まつど  うんちく/一月寺と虚無僧の暮らし</a>より<br /><br /><br />関西の駅前や繁華街で、今も時々見かける虚無僧は、<br />天蓋(籠)の中をよく見ると、外国のお方だったりします・・・。<br />営業?芸人?<br />街角の虚無僧は、帯と下駄が違う。あ、尺八持ってない。<br />鐘をチリンチリンと鳴らしてます確か。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/komu005.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/komu005.jpg" alt="komu005.jpg" border="0" width="479" height="500" /></a><br /><br /><br /><br />歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」にも登場する、虚無僧。<br />仮の姿(変身)で旅するのに、うってつけ。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/komu006.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/komu006.jpg" alt="komu006.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><br />巨大な組織だったのですね↓。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/komu007.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/komu007.jpg" alt="komu007.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><br />なかなか音が出ないという、尺八。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/komu009.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/komu009.jpg" alt="komu009.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br /><br />楽しい再現ビデオ放映中。<br />どんな風景にも、ぴったり。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/komu008.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/komu008.jpg" alt="komu008.jpg" border="0" width="500" height="344" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/komu0010.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/komu0010.jpg" alt="komu0010.jpg" border="0" width="500" height="386" /></a><br /><br /><br />こちらの博物館では、虚無僧グッズも販売中。<br />絵葉書セットに携帯ストラップ。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/komu0012.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/komu0012.jpg" alt="komu0012.jpg" border="0" width="353" height="500" /></a><br /><br />絵葉書セットは、虚無僧を描いたものの7枚セット。<br />多くが天蓋(籠)をとったものなのが、ちょっと残念でした。<br /><br />ぬいぐるみやポロシャツ(胸ポッケに虚無僧の縫い取り)など<br />あると良いと思います・・・。<br /><br />(撮影は、2009年10月)
  • Date : 2009-10-30 (Fri)
  • Category : 千葉県
59

松戸市立博物館 その1

千葉県にある、松戸市立博物館。「21世紀の森と広場」という、壮大な敷地の中にあります。ホール側の駐車場から行くには、道路の下にある地下トンネルを通らないと。現在、面白い企画展、開催中。リンク: 松戸市立博物館 平成21年度企画展 「人生儀礼の世界」ここの常設に、人気のスポットがあります。その名もずばり、常盤平団地。昭和30年代の常盤平団地2DKの原寸大・再現展示である。展示は3人家族が暮らすという設定で、当... 千葉県にある、松戸市立博物館。<br /><br />「21世紀の森と広場」という、壮大な敷地の中にあります。<br />ホール側の駐車場から行くには、道路の下にある地下トンネルを通らないと。<br /><br />現在、面白い企画展、開催中。<br />リンク: <a href="http://www.city.matsudo.chiba.jp/m_muse/exhibition.html" target="_blank" title="松戸市立博物館 平成21年度企画展 「人生儀礼の世界」">松戸市立博物館 平成21年度企画展 「人生儀礼の世界」</a><br /><br /><br />ここの常設に、人気のスポットがあります。<br />その名もずばり、常盤平団地。<br /><br /><strong>昭和30年代の常盤平団地2DKの原寸大・再現展示である。<br /><br />展示は3人家族が暮らすという設定で、<br />当時最新鋭の電気洗濯機、電気冷蔵庫、白黒テレビの「三種の神器」をはじめ、<br />ステンレスの流し台や応接セット、<br />果ては大型電蓄や百科事典などを配置している。<br /><br />さらに日用品や雑誌、テレビ画面に映るCMも当時のものを使用し、<br />高度成長期の生活スタイルを忠実に再現している。</strong>(wikipediaより)<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/danti001.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/danti001.jpg" alt="danti001.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/danti002.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/danti002.jpg" alt="danti002.jpg" border="0" width="500" height="367" /></a><br /><br /><br />まさしく、原寸大。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/danti0011.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/danti0011.jpg" alt="danti0011.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br />以前訪れた際には、部屋の中を、<br />ガラスを通して覗くことしか出来なかったのに、<br />現在は、土足のまま中に入って、じっくり堪能できるようになっていました。<br />素晴らしい。<br /><br />こちらから、お邪魔しまーす。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/danti003.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/danti003.jpg" alt="danti003.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br /><br />団地に住んだことが無い人でも、懐かしい記憶がよみがえってくるのでは。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/danti005.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/danti005.jpg" alt="danti005.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><br />ちびっ子用のイス。オレンジが効いてます。<br />北欧デザインの香りがほんのり。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/danti006.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/danti006.jpg" alt="danti006.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br /><br />愛らしい冷蔵庫。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/danti007.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/danti007.jpg" alt="danti007.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br /><br />当時の主婦の必需品?<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/danti000.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/danti000.jpg" alt="danti000.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><br />すっかり住人になりきって、内部でビデオ撮影を楽しむ一行も。<br />リアルすぎる、体験型施設。<br /><br />残念ながら、応接間でくつろぐってのは、不可。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/danti008.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/danti008.jpg" alt="danti008.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br />ミシン部屋とベビーベッド。<br />団地生まれっ子の、幸せな記憶。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/danti009.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/danti009.jpg" alt="danti009.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br /><br />今でも充分つかえそうなバイク。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/danti0012.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/danti0012.jpg" alt="danti0012.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br /><br />コンパクトで、なかなか使い勝手も良さそうで、<br />中の家具までフルセットこみで販売したら、<br />希望者が、ザクザクいそう。<br /><br />40数年前とはいえ、そう生活用品に変化もないような。<br /><br />昔も今も、そう広くない集合住宅に住み続けるには、<br />整理整頓で乗り切る知恵と工夫が必要。<br />インテリアの参考にもなりそうです。<br /><br />(撮影は、2009年10月)<br />
  • Date : 2009-10-28 (Wed)
  • Category : 千葉県
37

CEATEC JAPAN 2009

幕張メッセで開催中の、CEATEC JAPAN 2009。最先端IT・エレクトロニクス総合展。期間限定開催のスポットということで・・・。お祭り。2009年10月6日-10日まで。事前登録で、無料。EDY登録か、バーコードをプリントして持参。高校生も多数入場していたので、基本的に、誰でも入場OKと思われます。リンク: CEATEC JAPAN 2009 ホームページまあ、メッセなので、こんな感じ。次世代の理想的なテレビ。CELL REGZA(東芝) ↓。内蔵す... 幕張メッセで開催中の、CEATEC JAPAN 2009。<br />最先端IT・エレクトロニクス総合展。<br />期間限定開催のスポットということで・・・。お祭り。2009年10月6日-10日まで。<br /><br />事前登録で、無料。EDY登録か、バーコードをプリントして持参。<br /><br />高校生も多数入場していたので、基本的に、誰でも入場OKと思われます。<br /><br />リンク: <a href="http://www.ceatec.com/2009/ja/index.html" target="_blank" title="CEATEC JAPAN 2009 ホームページ">CEATEC JAPAN 2009 ホームページ</a><br /><br />まあ、メッセなので、こんな感じ。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/ceatec011.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/ceatec011.jpg" alt="ceatec011.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><br />次世代の理想的なテレビ。CELL REGZA(東芝) ↓。<br /><br /><strong>内蔵する3TBのHDDに、地上波全8chを、約26時間“録りっぱなし”にできる。</strong><br /><br />故・ナンシー関さん大喜び。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/ceatec010.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/ceatec010.jpg" alt="ceatec010.jpg" border="0" width="500" height="295" /></a><br /><br /><br />超巨大モニタ。有機EL方式ディスプレイ。うーん、でも小さく繋ぎ目がいっぱい。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/ceatec007.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/ceatec007.jpg" alt="ceatec007.jpg" border="0" width="500" height="338" /></a><br /><br /><br />事前情報によると、今年の目玉は、3Dテレビ。<br />ちょっと並んだりして、混雑した狭いブース(暗室)で<br />プラスチックのメガネかけて見ました。<br /><br />メガネ無しだと、3Dは普通、こんな感じ↓<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/ceatec008.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/ceatec008.jpg" alt="ceatec008.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br /><br />こちらは某企業の3D映像。(メガネがあると、もっと奥行きがあるように見える)<br />かなりのスピードで映像が動いても、立体感は損なわれず。<br />(この企業のは、↑のような、ガタガタ映像ではありませんでした。)<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/ceatec004.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/ceatec004.jpg" alt="ceatec004.jpg" border="0" width="389" height="500" /></a><br /><br /><br />日産で、「衝突しないしくみ」を体現していたロボット2機。<br />銘菓「ひよ子」に似ています。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/ceatec009.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/ceatec009.jpg" alt="ceatec009.jpg" border="0" width="500" height="355" /></a><br /><br /><br />アンケートに答えると、マスクを差し上げまーすと、ナース姿の皆様。<br />アンテナの会社ですが。<br />メッセに来た人は皆、濃厚接触してます。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/ceatec002.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/ceatec002.jpg" alt="ceatec002.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><br />えっ!ソーラーで走る電気自動車ですか?と尋ねたら、<br />いえいえ、未来の理想モデルです、と。(笑)<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/ceatec005.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/ceatec005.jpg" alt="ceatec005.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><br />銀座の街の中心を、ゆーらゆーらと女性が歩く姿が不思議・・・。<br />かなり大きなモニタ。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/ceatec006.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/ceatec006.jpg" alt="ceatec006.jpg" border="0" width="500" height="354" /></a><br /><br />↑こちらのブースで、「もうすぐダンスが始まりますから」と<br />お菓子「うまい棒」を渡され、ついつい足止め。<br />突然、お姉さん達が、あられもない姿で踊り始めた・・・。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/ceatec003.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/ceatec003.jpg" alt="ceatec003.jpg" border="0" width="375" height="500" /></a><br /><br /><br />水晶に映像が映せます。↓<br /><br /><a href="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/ceatec001.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-34-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/ceatec001.jpg" alt="ceatec001.jpg" border="0" width="378" height="500" /></a><br /><br />↑ こちらは、石川光学造形研究所という会社の製品。<br />リンク: <a href="http://www.holoart.co.jp/" target="_blank" title="石川光学造形研究所 ホームページ">石川光学造形研究所 ホームページ</a><br />独創性にあふれてます!<br /><br />まあ、今回の見所は、こちらのページ↓でご覧ください。<br />リンク: <a href="http://av.watch.impress.co.jp/backno/ceatec2009/" target="_blank" title="CEATEC JAPAN 2009 レポートリンク集">CEATEC JAPAN 2009 レポートリンク集</a><br /><br />(撮影は、2009年10月)
  • Date : 2009-10-08 (Thu)
  • Category : 千葉県
10

珍スポ☆ボツネタ☆その5 麻雀博物館

ワンダーJAPAN9号 四国ワンダーに掲載した Amazon.co.jp ウィジェット千葉県いすみ市にある「麻雀博物館」。本誌には、メガネをかけると牌が透けて見える「おもしろ麻雀牌」、阿佐田哲也氏の肖像画、3人用麻雀卓などを掲載しましたが、こちらでは、その選からもれた写真を紹介します。館内は、こんな感じ↓。整然としています。1階には、麻雀漫画、麻雀ビデオ(DVD)、菅直人氏が東工大生のときに発明した麻雀点数計算機などがあ... ワンダーJAPAN9号 四国ワンダーに掲載した<br /><br /><OBJECT classid="clsid:D27CDB6E-AE6D-11cf-96B8-444553540000" codebase="http://fpdownload.macromedia.com/get/flashplayer/current/swflash.cab" id="Player_5d1aa72a-6da6-41cd-99bc-bef540a8db6c" WIDTH="400px" HEIGHT="150px"> <PARAM NAME="movie" VALUE="http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Fdaibutu2005-22%2F8010%2F5d1aa72a-6da6-41cd-99bc-bef540a8db6c&Operation=GetDisplayTemplate"><PARAM NAME="quality" VALUE="high"><PARAM NAME="bgcolor" VALUE="#FFFFFF"><PARAM NAME="allowscriptaccess" VALUE="always"><embed src="http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Fdaibutu2005-22%2F8010%2F5d1aa72a-6da6-41cd-99bc-bef540a8db6c&Operation=GetDisplayTemplate" id="Player_5d1aa72a-6da6-41cd-99bc-bef540a8db6c" quality="high" bgcolor="#ffffff" name="Player_5d1aa72a-6da6-41cd-99bc-bef540a8db6c" allowscriptaccess="always" type="application/x-shockwave-flash" align="middle" height="150px" width="400px"></embed></OBJECT> <NOSCRIPT><A HREF="http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Fdaibutu2005-22%2F8010%2F5d1aa72a-6da6-41cd-99bc-bef540a8db6c&Operation=NoScript">Amazon.co.jp ウィジェット</A></NOSCRIPT><br /><br /><br />千葉県いすみ市にある「麻雀博物館」。<br />本誌には、メガネをかけると牌が透けて見える「おもしろ麻雀牌」、<br />阿佐田哲也氏の肖像画、3人用麻雀卓などを掲載しましたが、<br />こちらでは、その選からもれた写真を紹介します。<br /><br />館内は、こんな感じ↓。整然としています。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mP1000878.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mP1000878.jpg" alt="mP1000878.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mP1000875.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mP1000875.jpg" alt="mP1000875.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br />1階には、麻雀漫画、麻雀ビデオ(DVD)、<br />菅直人氏が東工大生のときに発明した麻雀点数計算機などがありました。(計算機写真なし)<br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mP1000888.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mP1000888.jpg" alt="mP1000888.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><br />一口に麻雀牌と言っても、ヴァリエーションいっぱい。<br />ヴィトン製の牌は、セレブに送りたい逸品です。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mP1000866_20090913085743.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mP1000866_20090913085743.jpg" alt="mP1000866_20090913085743.jpg" border="0" width="500" height="375" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mP1000860.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mP1000860.jpg" alt="mP1000860.jpg" border="0" width="500" height="326" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mP1000862.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mP1000862.jpg" alt="mP1000862.jpg" border="0" width="500" height="306" /></a><br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mP1000877.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mP1000877.jpg" alt="mP1000877.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br />骨で出来た牌。何の骨なのでしょうか。<br />ちょっとさわってみたい。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mP1000880.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mP1000880.jpg" alt="mP1000880.jpg" border="0" width="500" height="333" /></a><br /><br />ポスターはちょっと前のものでした。<br />今も世界のどこかで戦っている人々が・・・。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mP1000874.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-33-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/mP1000874.jpg" alt="mP1000874.jpg" border="0" width="369" height="500" /></a><br /><br />(撮影は2008年5月)<br />
  • Date : 2009-09-13 (Sun)
  • Category : 千葉県
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。