フリーエリア
ツイッター
フリーエリア

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1381' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
334

【特別展】へんないきもの展2~さらなる衝撃と脱力~

【特別展】へんないきもの展2~さらなる衝撃と脱力~ 2015/11/20(金)~2016/02/14(日)リンク:  池袋サンシャイン水族館熱くおすすめします。池袋サンシャイン水族館における へんないきもの展 パート2。展示の中から楽しい生き物をいくつかご紹介。まずはクチバシカジカ。歩きながらブツブツ独り言を唱えては立ち止まる哲学的なモグラといった風貌がたまらんです。外部リンク: YOUTUBE クチバシカジカ  ←動画を見ればその... <br />【特別展】へんないきもの展2~さらなる衝撃と脱力~ 2015/11/20(金)~2016/02/14(日)<br />リンク:  <a href="http://www.sunshinecity.co.jp/event/e1026.html" target="_blank" title="サンシャイン水族館">池袋サンシャイン水族館</a><br /><br />熱くおすすめします。<br />池袋サンシャイン水族館における へんないきもの展 パート2。<br /><br />展示の中から楽しい生き物をいくつかご紹介。<br /><br />まずはクチバシカジカ。<br />歩きながらブツブツ独り言を唱えては立ち止まる<br />哲学的なモグラといった風貌がたまらんです。<br /><br /><a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/SAKANA_20160110090656abe.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/SAKANA_20160110090656abe.jpg" alt="SAKANA_20160110090656abe.jpg" border="0" width="250" height="181" /></a><br /><br />外部リンク: <a href="https://www.youtube.com/watch?v=almNTcB0v5M" target="_blank" title="YOUTUBE クチバシカジカ">YOUTUBE クチバシカジカ</a>  ←動画を見ればその魅力がよくわかります。<br /><br />続いては、これぞエイリアン。<br />顔より口が大きい。しかも口の中がレインボウカラー!<br />サーカスティック フリンジヘッド(エイリアンフィッシュ)。<br /><br />ぱっと見た感じ地味な風貌なのに<br /><br /><a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/EIRIAN00_20160110085926d3a.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/EIRIAN00_20160110085926d3a.jpg" alt="EIRIAN00_20160110085926d3a.jpg" border="0" width="250" height="252" /></a><br /><br /><br />口をお互い開けた状態で威嚇しあう2匹、の映像になるとなんじゃこれってことに。<br /><br /><a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/KUTI_201601100859433f0.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/KUTI_201601100859433f0.jpg" alt="KUTI_201601100859433f0.jpg" border="0" width="250" height="165" /></a><br /><br /><br /><br />やはり動画を見て頂いた方が↓<br />外部リンク: <a href="https://www.youtube.com/watch?v=ZF0pOi1Jsg0" target="_blank" title="エイリアンフィッシュver01">エイリアンフィッシュver01</a><br /><br /><br /><br />佐賀県で食べたよ!<br />エイリアンのルーツ?でおなじみのワラスボの干物<br /><br /><a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/WARASUBO_201601100859405e3.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/WARASUBO_201601100859405e3.jpg" alt="WARASUBO_201601100859405e3.jpg" border="0" width="250" height="233" /></a><br /><br /><br /><br />ウチワエビ<br />セミエビ<br />ゾウリエビ<br />見たまんまのネーミング<br /><br /><a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/EBI02_20160110085925afa.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/EBI02_20160110085925afa.jpg" alt="EBI02_20160110085925afa.jpg" border="0" width="250" height="242" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/EBI_20160110085929c4f.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/EBI_20160110085929c4f.jpg" alt="EBI_20160110085929c4f.jpg" border="0" width="250" height="202" /></a><br /><br /><br />マルメタピオカガエル<br /><br /><a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/KAERU01_20160110085941c29.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/KAERU01_20160110085941c29.jpg" alt="KAERU01_20160110085941c29.jpg" border="0" width="255" height="176" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/KAERU_20160110085928d58.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/KAERU_20160110085928d58.jpg" alt="KAERU_20160110085928d58.jpg" border="0" width="250" height="271" /></a><br /><br /><br /><br /><br />こんな感じで各界のスターが勢ぞろい。<br /><br />「へんないきもの」といえば、<br /><br /><a rel="nofollow" href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4101318913/ref=as_li_qf_sp_asin_il?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4101318913&linkCode=as2&tag=daibutu2005-22"><img border="0" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=4101318913&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=daibutu2005-22" ></a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=daibutu2005-22&l=as2&o=9&a=4101318913" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><br /><a rel="nofollow" href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4901784773/ref=as_li_qf_sp_asin_il?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4901784773&linkCode=as2&tag=daibutu2005-22"><img border="0" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=4901784773&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=daibutu2005-22" ></a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=daibutu2005-22&l=as2&o=9&a=4901784773" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><br />2004年に発売された書籍から。<br />若い女性やちびっ子たちの熱い支持を受け、大大大ヒット!<br />最初の本は45万部のベストセラー(とwikiに書いてありました)。<br />この本をきっかけに生物学で博士を目指すなんて子も近くにたくさんいるのです。<br />我が家の本も読まれすぎてボロボロ。<br /><br />早川氏の軽妙洒脱な文章がとにかく素敵で、昭和のサブカルネタ満載。<br />ちびっ子の反応は?と思ったら<br />彼らなりに勝手に色々想像して面白がっていました。(10年後にネタ元がわかった!ってことも)<br /><br />早川氏は我らと同時期に鑓水マッドマックスキャンバスで過ごしたとのこと。<br />同世代のスターです!嬉しい。<br /><br />ご本人による、気持ち悪い生き物をたくさん見せるというスライドショーもこれまた楽しく、<br />サインも頂いてご満悦の家人。<br /><br />第三回の開催も心待ちにしております。<br />↓ (この本のクオリティの高さも尋常ではありません。)<br /><a rel="nofollow" href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4767820359/ref=as_li_qf_sp_asin_il?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4767820359&linkCode=as2&tag=daibutu2005-22"><img border="0" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=4767820359&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=daibutu2005-22" ></a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=daibutu2005-22&l=as2&o=9&a=4767820359" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><br /><br />(2016年1月)
  • Date : 2016-01-10 (Sun)
  • Category : 展覧会
329

江口寿史展(米沢嘉博記念図書館)

明治大学 米沢嘉博記念図書館で開催中の「江口寿史展 KING OF POP Side B」展にいってきました。2015年10月9日(金)~2016年2月7日(日) 作者の意向で撮影可。小さなスペースなので、4度にわけての展示。1stステージは・・・それは「ジャンプ」から始まった。編。リンク: 江口寿史展 KING OF POP 米沢嘉博記念図書館初期、江口作品と言えば、すすめ!!パイレーツ。カラー見開き。泣けます。今読んでも、そのスピード感... 明治大学 米沢嘉博記念図書館で開催中の「江口寿史展 KING OF POP Side B」展にいってきました。<br />2015年10月9日(金)~2016年2月7日(日) 作者の意向で撮影可。<br /><br />小さなスペースなので、4度にわけての展示。<br />1stステージは・・・それは「ジャンプ」から始まった。編。<br /><br />リンク: <a href="http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-eguchihisashi.html" target="_blank" title="江口寿史展 KING OF POP 米沢嘉博記念図書館">江口寿史展 KING OF POP 米沢嘉博記念図書館</a><br /><br /><a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/eguchi001.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/eguchi001.jpg" alt="eguchi001.jpg" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br />初期、江口作品と言えば、すすめ!!パイレーツ。<br />カラー見開き。泣けます。<br /><br /><a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/eguchi004.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/eguchi004.jpg" alt="eguchi004.jpg" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/eguchi003.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/eguchi003.jpg" alt="eguchi003.jpg" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br />今読んでも、そのスピード感、テンポの良さは健在。<br /><br /><br />1966年、少年時代。兄と近所の火事を目撃した際の絵日記。<br />さすが。臨場感ありあり。<br /><br /><a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/eguchi0010.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/eguchi0010.jpg" alt="eguchi0010.jpg" border="0" width="295" height="240" /></a><br /><br /><br />中学生あたり?ちばてつや氏の影響が思いっきり見えますね。<br /><br /><a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/eguchi008.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/eguchi008.jpg" alt="eguchi008.jpg" border="0" width="306" height="240" /></a><br /><br />この比較は面白かった↓<br />すすめ!!パイレーツの終了時と、連載開始時のもくじ。<br />終了のころに、「Dr.スランプ」が。<br /><br />現在公開中の映画 <a href="http://bakuman-movie.com/" target="_blank" title="バクマン">バクマン</a>は週刊少年ジャンプ連載を目指す、漫画家たちの話。<br /><br />そのバクマンの監督 大根仁氏との対談で、江口氏は、<br />「新妻エイジ(必死でもがく主人公たちを軽ーく凌駕する天才漫画家) は、<br />自分にとっての鳥山明だった」と話していました。<br /><br /><a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/eguchi005.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/eguchi005.jpg" alt="eguchi005.jpg" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />映画では監督のジャンプ愛が満ち満ちていましたが、こんな↓作者コメントコーナーや、<br /><br /><a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/eguchi006.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/eguchi006.jpg" alt="eguchi006.jpg" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/eguchi009.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/eguchi009.jpg" alt="eguchi009.jpg" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br />海賊マークにぐっとくるのは、ホント一部の世代だけなのでしょう・・・ね。<br /><br />「宮崎美子」「アデランス」「ヨーダ」そういえば固有名詞がよく登場していました。<br /><br /><a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/eguchi007.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/eguchi007.jpg" alt="eguchi007.jpg" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br /><br />連載時、白いワニが来るとか作者は逃げたとか、で全国のちびっこに散々心配をさせた江口氏。<br /><br /><a href="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/eguchi0011.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-88-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/eguchi0011.jpg" alt="eguchi0011.jpg" border="0" width="240" height="330" /></a><br /><br />エッセイ風の著書を読むと、「自分より面白いギャグ漫画家はたくさんいる。そっちに描かせればよい」<br />「江口寿史風の絵をしゃあしゃあと描いてオマージュと言い張るやつ!」<br />「カラーイラスト3枚描けば、漫画50枚よりギャラが多いんじゃー」的な言葉がちらほら(記憶で書いてます)<br />つらかったんですね・・・泣<br /><br />300円の一日会員になると、<a href="https://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/visiting.html" target="_blank" title="2階にある閲覧室">2階にある閲覧室</a>の利用が可能です。<br /><br />12月からは<a href="http://www.kawasaki-museum.jp/exhibition/king-of-pop-2/" target="_blank" title="川崎市民ミュージアムで大きな展覧会">川崎市民ミュージアムで大きな展覧会</a>もあるとのこと。<br />楽しみです。<br /><br />(2015年10月)<br /><br /><br />
  • Date : 2015-10-25 (Sun)
  • Category : 展覧会
328

ニキ・ド・サンファル展

国立新美術館で開催中の、ニキ・ド・サンファル展に行ってきました。リンク: ニキ・ド・サンファル展以前は結構なファンで、イタリアのタロットガーデン、パリのポンピドゥーなどなど、彼女の作品をせっせと見に行ったものです。那須にあったニキ美術館(閉館)にも、もちろん。なので、大抵の作品は見てるつもりでした。はて展覧会はどんなもんだろ、と思いつつ。2作品だけ撮影OKだけど、この枠の中からのみ、という制限つきで... 国立新美術館で開催中の、ニキ・ド・サンファル展に行ってきました。<br /><br /><a href="//blog-imgs-81-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/niki.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-81-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/niki.jpg" alt="niki.jpg" border="0" width="320" height="170" /></a><br /><br />リンク: <a href="http://www.niki2015.jp/" target="_blank" title="ニキ・ド・サンファル展">ニキ・ド・サンファル展</a><br /><br />以前は結構なファンで、<a href="http://ilgiardinodeitarocchi.it/en/" target="_blank" title="イタリアのタロットガーデン">イタリアのタロットガーデン</a>、パリのポンピドゥーなどなど、彼女の作品をせっせと見に行ったものです。<br />那須にあったニキ美術館(閉館)にも、もちろん。<br /><br />なので、大抵の作品は見てるつもりでした。はて展覧会はどんなもんだろ、と思いつつ。<br /><br />2作品だけ撮影OKだけど、この枠の中からのみ、という制限つきで撮った写真↓。<br /><br /><a href="//blog-imgs-81-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/niki-buddha.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-81-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/niki-buddha.jpg" alt="niki-buddha.jpg" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br />なんとニキ先生、晩年に大仏をつくっていました。<br />知らなかった。<br />一度だけの来日。京都と那須をまわって帰国後に作られたそうです。<br /><br />ニキ魂をちょっとだけ受け継ぐもの?として、違うルートからここ数年「装飾仏」にチャレンジ中の不肖:私です。<br />ニキ先生の足元にも及びませんが。あら、ポーズも似て蝶。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/201506010849435a5.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/201506010849435a5.jpg" alt="カオス仏" border="0" width="240" height="304" /></a><br /><br />先生に少しでも近づけるよう、精進せねば。<br /><br />さて。<br />展覧会は、初期の、自分の臓器やら憎しみやらを体内から吐き出したような、激しい作品群から始まります。<br />金網に人形を張り付け、石膏をどぼどぼっと。梱包も運搬も大変そう・・・。<br />そこに絵具を仕込み、ライフルで撃って飛び散る鮮血チックな色、色、色・・・。<br /><br />けっこう精神的にきつかったのを、芸術活動で解消されていたらしく。<br />ホントきつかったんだね・・・。<br /><br />会場のあちこちには、元モデルだった美しいニキ先生の映像が。<br />よー喋るパワフルなおばはん(お姉さん)です。<br /><br />そこからどんどん作品が洗練されていく過程を見ることが出来ます。<br />なるほど。こうして人気キャラクター ナナは生まれたのですね。<br />リンク: <a href="http://niki-museum.jp/contents/archives/gallery/collection" target="_blank" title="Yoko増田静江コレクション | Niki Museum Gallery">Yoko増田静江コレクション | Niki Museum Gallery</a><br /><br /><a href="https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%8B%E3%82%AD+%E3%83%8A%E3%83%8A&amp;espv=2&amp;biw=1295&amp;bih=967&amp;source=lnms&amp;tbm=isch&amp;sa=X&amp;ved=0CAYQ_AUoAWoVChMIrZ6o2te1yAIVQ6eUCh1J_QU4&amp;dpr=0.9" target="_blank" title="ナナ">ナナ</a>だけ見た人には、ただのかわいいキャラに見えるかもしれません。<br />赤やピンク使いも多めだし。<br /><br />いえいえ。<br />エネルギー過多、過剰な作品時代があったからこそ、後年の軽やかで華やかで巨大な作品が生まれた。<br />時間と制作の量ですね。やはり。<br /><br />こんなん自分でもできるわーと思った方がいたら、是非つくって欲しい。<br />そう。誰にでも出来るし、1万個つくれば、必ずいくつか傑作も生まれることでしょう。<br />まずはいっぱいつくるとこから!と、なんだか元気になる展覧会でした。<br />(2015年10月)
  • Date : 2015-10-10 (Sat)
  • Category : 展覧会
324

すごいぞ これは!展 in 埼玉

埼玉県立近代美術館で開催中の展覧会「すごいぞ これは!」展が面白かったので紹介します。リンク: すごいぞ、これは! ホームページ 2015 9/19(土)~11/3(火)「障害者の優れたアート作品」についての調査をもとに、全国の美術館学芸員や美術の専門家が「すごい」と推薦する12名のアーティストたちの作品が一堂に会します。(HPより抜粋)とあるように、全国から推薦された精鋭による、パンチの効いた作品が並んでいます。鞆... 埼玉県立近代美術館で開催中の展覧会「すごいぞ これは!」展が面白かったので紹介します。<br /><br />リンク: <a href="http://www.pref.spec.ed.jp/momas/?page_id=322" target="_blank" title="すごいぞ、これは! ホームページ 2015 9/19(土)~11/3(火)">すごいぞ、これは! ホームページ 2015 9/19(土)~11/3(火)</a><br /><br /><a href="//blog-imgs-81-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/20150926114752d01.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-81-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/20150926114752d01.jpg" alt="すごいぞポスター(小)" border="0" width="226" height="320" /></a><br /><br /><strong>「障害者の優れたアート作品」についての調査をもとに、全国の美術館学芸員や美術の専門家が「すごい」と推薦する12名のアーティストたちの作品が一堂に会します。</strong>(HPより抜粋)<br /><br />とあるように、全国から推薦された精鋭による、パンチの効いた作品が並んでいます。<br /><br />鞆の津ミュージアムからは、「てづくりデコトラ」で人気の、伊藤輝政氏の作品が推薦されていました。<br />物凄い数の紙製デコトラが展示されています!<br />こちらは撮影OKでした。<br /><br /><a href="//blog-imgs-81-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/20150926120228be7.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-81-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/20150926120228be7.jpg" alt="すごいぞ" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br />詳細は、こちら↓<br />リンク: <a href="https://www.facebook.com/ROADSIDERS/posts/690207574370908" target="_blank" title="ROADSIDERS' weekly 2014年4月25日 伊藤輝政: 【アウトサイダー・アート×デコトラ、夢のコラボ】 ">ROADSIDERS' weekly 2014年4月25日 伊藤輝政: 【アウトサイダー・アート×デコトラ、夢のコラボ】 </a><br /><br />他にも、保坂健二朗氏が推薦する、ハサミを使ってものすごーく紙を細く切る<br />藤岡祐機氏の作品とその制作を記録した映像が見られたり、<br /><br />リンク: <a href="http://fujiokayuki.com/" target="_blank" title="藤岡祐機の世界">藤岡祐機の世界</a><br /><br />なんともたまらん!セーラームーンを描く、田湯加那子氏の作品があったり。とにかく物凄い筆圧!<br /><br />「しろ」という女性による、なるほどそうきたか!と衝撃的な心象風景を描いた連作があったり。<br /><br />はるばる埼玉まで来てよかったと思えるラインアップです。<br />美術館もリニューアルしたばかり。<br />こちらのコレクションである、面白い椅子もたくさんあるしね!ミュージアムショップも楽しい。<br /><br />入場料500円でこんなに面白い作品が見られるのですから、とてもお得。<br />おすすめします。<br />(2015年9月)
  • Date : 2015-09-26 (Sat)
  • Category : 展覧会
308

ミナカケル ミナ ペルホネン 20周年×スパイラル 30周年記念 綺麗です。

ミナカケル ミナ ペルホネン 20周年×スパイラル 30周年記念 あと3日で終了。無料。撮影自由。リンク: ミナカケル ミナ ペルホネン 20周年×スパイラル 30周年記念HP流行が、ひと回り、いやふた回りした?北欧デザインがルーツとのことですが、ここには昭和の匂いがたっぷりと。能年”あまちゃん”あたりがよく着ているメーカーです。テキスタイルの勝利と申しましょうか。レトロなデザインの服が並びます。NHKみんなのうたのアニメ... ミナカケル ミナ ペルホネン 20周年×スパイラル 30周年記念 あと3日で終了。無料。撮影自由。<br />リンク: <a href="http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_1465.html" target="_blank" title="HP">ミナカケル ミナ ペルホネン 20周年×スパイラル 30周年記念HP</a><br /><br />流行が、ひと回り、いやふた回りした?北欧デザインがルーツとのことですが、ここには昭和の匂いがたっぷりと。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/20150604083228598.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/20150604083228598.jpg" alt="ミナ009" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br /><br />能年”あまちゃん”あたりがよく着ているメーカーです。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/20150604083205546.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/20150604083205546.jpg" alt="ミナ001" border="0" width="320" height="277" /></a><br /><br />テキスタイルの勝利と申しましょうか。<br />レトロなデザインの服が並びます。<br /><br />NHKみんなのうたのアニメを思い出したり!<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/2015060408322989c.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/2015060408322989c.jpg" alt="ミナ0010" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/201506040832034b6.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/201506040832034b6.jpg" alt="ミナ005" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br /><a href="https://www.google.co.jp/search?q=%E8%8A%B9%E6%B2%A2%E5%9C%AD%E4%BB%8B&amp;es_sm=93&amp;source=lnms&amp;tbm=isch&amp;sa=X&amp;ei=C5BvVev1HaXcmgXmv4DQAg&amp;ved=0CAcQ_AUoAQ&amp;biw=1276&amp;bih=923" target="_blank" title="芹沢圭介大先生の作品">芹沢銈介大先生の作品</a>を連想したり。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/20150604083225e4e.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/20150604083225e4e.jpg" alt="ミナ006" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br />まあなんとも、この凝りに凝った生地をたくさんつくれる技術にまず感動。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/20150604083206668.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/20150604083206668.jpg" alt="ミナ002" border="0" width="239" height="324" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/20150604083202f34.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/20150604083202f34.jpg" alt="ミナ004" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/201506040832083e9.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/201506040832083e9.jpg" alt="ミナ003" border="0" width="240" height="312" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/20150604083226d3e.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/20150604083226d3e.jpg" alt="ミナ008" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br />やはりこのマチエール、質感あってのミナ ペルホネンですね。<br />同じデザインだったとしても、ただ平坦にプリントしたものだったらここまで惹きつけられないのでは。<br /><br />その昔、NHK教育テレビでも学校でも、我らはロシア民謡や北欧の物語などに囲まれていました。<br />カリンカやら、テュラテュラやらふつーに歌い、森は生きている、ニルスの不思議な旅あたりを愛読。<br />そういった素朴なビジュアルや歌の人気が、ほぼ消えてしまい・・・リヴァイバル。<br /><br />現在では、特に若い人の心をとらえていますねー。<br />新しいと思うか懐かしいと思うかで世代がわかるという(笑)<br /><br />手を抜いてないお仕事。感服します。<br />(2015年6月)
  • Date : 2015-06-04 (Thu)
  • Category : 展覧会
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。