フリーエリア
ツイッター
フリーエリア

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1381' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
279

ミャンマーの写真 その3

ミャンマーで、つらつらと撮った写真 その3です。ものすごく人懐こい、動物。どこまでもついてきます。外国人だよ、ほら、写真撮ってもらいなっ ハローってハローって と、ものすごーくフレンドリーに接してくれるおばちゃん。けっこううちの子の写真とってと言われました。名物料理、モヒンガー。美味しいin屋台。盛り付けもこんな感じです。どばっ。モヒンガー (Mohinga) とは、ミャンマーで食べられている麺料理である。麺... ミャンマーで、つらつらと撮った写真 その3です。<br /><br />ものすごく人懐こい、動物。どこまでもついてきます。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/111112.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/111112.jpg" alt="111112.jpg" border="0" width="321" height="238" /></a><br /><br /><br />外国人だよ、ほら、写真撮ってもらいなっ ハローってハローって と、ものすごーくフレンドリーに接してくれるおばちゃん。<br />けっこううちの子の写真とってと言われました。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/111115.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/111115.jpg" alt="111115.jpg" border="0" width="240" height="325" /></a><br /><br /><br />名物料理、モヒンガー。美味しいin屋台。盛り付けもこんな感じです。どばっ。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/111114.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/111114.jpg" alt="111114.jpg" border="0" width="321" height="240" /></a><br /><br /><a href="http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%92%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC" target="_blank" title="モヒンガー">モヒンガー</a> (Mohinga) とは、ミャンマーで食べられている麺料理である。麺はライスヌードルを使用しており、スープはなまずなどの魚からとられている。ミャンマーの国民食的存在の食べ物として知られている[1]。ミャンマーの屋台において、一般的な食べ物の1つである。たいていの屋台において、朝から用意されていて、朝食としてもよく食べられている[1]。なお、インスタントの粉末スープも存在する。wikipediaより。<br /><br /><br />お茶を頼むと、甘いミルクティーが一般的。<br />ポットに入っていたのは、プーアールティー?かな。そんなお茶です。こっちはおかわり可。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/111113.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/111113.jpg" alt="111113.jpg" border="0" width="321" height="240" /></a><br /><br /><br />アルミづくしの店。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/111111.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/111111.jpg" alt="111111.jpg" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />優しい顔立ちに作られた人物が多いのも、特徴です。ほんわか。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/2222.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/2222.jpg" alt="2222.jpg" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br /><br />どこまでも続くお坊さんシリーズもあちらこちらで見られます。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/222222.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/222222.jpg" alt="222222.jpg" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br />(2015年1月)
278

ミャンマーの写真 その2

ミャンマーでつらつらと撮った写真 その2です。ミャンマーの寺院などの門前でよく見かける、鳥かごの前にすわる女性。これは、「鳥を放して功徳を得ましょう」ということで、こちらがお金を払って、「鳥を放す権利」を得るのです。鳥が大型になるほど値段は高くなります。大きい鳥だと、より放すのが楽しいし功徳もあがるというわけです。放された鳥は訓練されていてちゃんと戻ってくるとか、すぐに子供が捕まえて戻すとか諸説あ... ミャンマーでつらつらと撮った写真 その2です。<br /><br />ミャンマーの寺院などの門前でよく見かける、鳥かごの前にすわる女性。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/111116.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/111116.jpg" alt="111116.jpg" border="0" width="240" height="346" /></a><br /><br />これは、「鳥を放して功徳を得ましょう」ということで、こちらがお金を払って、「鳥を放す権利」を得るのです。<br />鳥が大型になるほど値段は高くなります。<br />大きい鳥だと、より放すのが楽しいし功徳もあがるというわけです。<br /><br />放された鳥は訓練されていてちゃんと戻ってくるとか、すぐに子供が捕まえて戻すとか諸説あります。なるほど。<br /><br />余談<br />大島渚の<a href="http://movie.walkerplus.com/mv26271/" target="_blank" title="愛と希望の街">愛と希望の街</a>という1959年のデビュー作は、少年が鳩を売る話です。<br />鳩が買われていった先から少年のところに戻ってくるように訓練されていたとのことで、サギ行為をしたとされ、就職から何から全てがダメになるという・・・。<br />いいじゃんそれぐらい(泣)とつっこみたくなる作品でした。余談おわり。<br /><br /><br />大好き!風船人形!というわけで、ついつい幾つも買ってしまいました。<br />バイク一台で商売をしている、ビニールの風船人形屋さんです。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/2229.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/2229.jpg" alt="2229.jpg" border="0" width="317" height="239" /></a><br /><br />写真は、総出でバイクに乗った家族4人が、ドライブスルー方式で風船人形を買う様子です。<br />100-200円ほど。物価にしては高額かも。<br /><br />食料品などの雑貨屋さん。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/2228.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/2228.jpg" alt="2228.jpg" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br />冷たい飲み物は無いの?と思ったら、店の奥に昔のアイスクリームケースのような上から開けるタイプの冷蔵庫がありました。<br /><br /><br />洋装店。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/111117.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/111117.jpg" alt="111117.jpg" border="0" width="336" height="239" /></a><br /><br />派手で素っ頓狂なデザインが多いのは確かです。<br />マネキンのようなワンピース姿の女性はついぞ見かけませんでした。<br />ほぼ皆、ロンジーという布を巻きスカート状に履く民族衣装を愛用しています。<br /><br /><br />布団類は、赤を中心とした派手な柄が好まれています。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/2221.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/2221.jpg" alt="2221.jpg" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/111118.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/111118.jpg" alt="111118.jpg" border="0" width="319" height="240" /></a><br /><br /><br />
277

ミャンマーの写真 その1

ミャンマー 巨大仏内部の壁に描かれた、地獄絵部分の写真をいくつか。日本の漫画っぽい味わい深さ。天上天下唯我独尊っ!絵描きさんが乗って描いてるのがわかります。好みのタイプなのかも。痛そうな絵が続きます。地獄には行きたくないものです。でもこの人の絵にはどこか哀愁が漂っていて、見ていると、お気の毒に・・・とつぶやいてしまうのです。合掌。(2015年1月)... ミャンマー 巨大仏内部の壁に描かれた、地獄絵部分の写真をいくつか。<br /><br />日本の漫画っぽい味わい深さ。<br />天上天下唯我独尊っ!<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/1112.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/1112.jpg" alt="1112.jpg" border="0" width="240" height="340" /></a><br /><br /><br />絵描きさんが乗って描いてるのがわかります。<br />好みのタイプなのかも。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/3337.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/3337.jpg" alt="3337.jpg" border="0" width="240" height="319" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/3339.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/3339.jpg" alt="3339.jpg" border="0" width="240" height="320" /></a><br /><br /><br />痛そうな絵が続きます。<br />地獄には行きたくないものです。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/22222.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/22222.jpg" alt="22222.jpg" border="0" width="337" height="240" /></a><br /><br /><br />でもこの人の絵にはどこか哀愁が漂っていて、見ていると、お気の毒に・・・とつぶやいてしまうのです。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/1116.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/1116.jpg" alt="1116.jpg" border="0" width="375" height="240" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/1114.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/1114.jpg" alt="1114.jpg" border="0" width="240" height="374" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/33333.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/33333.jpg" alt="33333.jpg" border="0" width="320" height="258" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/1113.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/1113.jpg" alt="1113.jpg" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br /><br />合掌。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/1117.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/1117.jpg" alt="1117.jpg" border="0" width="332" height="240" /></a><br /><br />(2015年1月)
273

ミャンマー 家人B、病院に行く の巻

ミャンマーで思う存分屋台料理を堪能した結果、腹の具合がかんばしくなくなってしまった、家人B。さっそく病院に行くことにしました。待合室はこんな感じ。日本語通訳さんも来てくれて、安心。みなさん、とても親切にしてくれます。看護帽や髪飾りがかわいらしい。キャッキャッと喋りつつ、お互いの膝に乗ったりして、楽しそうな看護師さんたち。最初、若い先生が診てくれました。先生曰く、私より偉い先生にも診てもらいましょう... ミャンマーで思う存分屋台料理を堪能した結果、腹の具合がかんばしくなくなってしまった、家人B。<br />さっそく病院に行くことにしました。<br /><br />待合室はこんな感じ。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/0022.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/0022.jpg" alt="0022.jpg" border="0" width="321" height="240" /></a><br /><br />日本語通訳さんも来てくれて、安心。<br />みなさん、とても親切にしてくれます。<br /><br />看護帽や髪飾りがかわいらしい。<br />キャッキャッと喋りつつ、お互いの膝に乗ったりして、楽しそうな看護師さんたち。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/00111.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/00111.jpg" alt="00111.jpg" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br />最初、若い先生が診てくれました。<br />先生曰く、私より偉い先生にも診てもらいましょうとのことで再診。<br /><br />ジャンパーを着た、朗らかな年配の先生のお部屋へ。<br />先生、スマホの自動翻訳機能を使って、大きな字で「点滴」「電解質」「脱水症状」なんて日本語をみせてくれるという(笑)<br />普通の飲料水だとかえって悪くなるので、必ずスポーツドリンクのようなものを飲むようにとのご達し。<br />結果、治療は、点滴3本と電解質ドリンクに決まりました。<br /><br />まずは、支払い窓口に行きます。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/0033.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/0033.jpg" alt="0033.jpg" border="0" width="318" height="240" /></a><br /><br /><br />続いて、点滴や注射針など、治療に必要なものを買いに行きます。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/00444.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/00444.jpg" alt="00444.jpg" border="0" width="319" height="236" /></a><br /><br /><br />おかげさまで、翌朝にはすっかり良くなっていました。<br /><br />かつてチェンマイで食中毒になり一晩入院したこともある、家人B。<br />まだまだ修行が足りません。<br /><br />(2015年1月)<br />
271

ミャンマー 巨大寝釈迦と巨大仏  その4

ミャンマー ボディ・タタウン村の動画 第四弾です。巨大仏と寝釈迦を制覇した後、周辺を散策しました。塔が2つあったので、上ってみたり。うちひとつは、女人禁制でした。けっこうあるみたいですよ、女人禁制。メーメー羊の群れと羊飼いの先に、何か大きなものが!またつくってます。エンドレスです。10年ごとに訪れないと行けない、約束の地なのかもしれません。YOUTUBE: ミャンマー 巨大仏の周辺 ボディ タタウン村 そ... ミャンマー ボディ・タタウン村の動画 第四弾です。<br />巨大仏と寝釈迦を制覇した後、周辺を散策しました。<br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/000000007.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/000000007.jpg" alt="000000007.jpg" border="0" width="321" height="240" /></a><br /><br /><a href="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/0000008.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-73-origin.fc2.com/c/h/i/chinspodaihyakka/0000008.jpg" alt="0000008.jpg" border="0" width="320" height="240" /></a><br /><br />塔が2つあったので、上ってみたり。<br />うちひとつは、女人禁制でした。けっこうあるみたいですよ、女人禁制。<br /><br />メーメー羊の群れと羊飼いの先に、何か大きなものが!<br />またつくってます。エンドレスです。<br />10年ごとに訪れないと行けない、約束の地なのかもしれません。<br /><br />YOUTUBE: <a href="http://youtu.be/cKsRBhjTaog" target="_blank" title="ミャンマー 巨大仏の周辺 ボディ タタウン村 その4">ミャンマー 巨大仏の周辺 ボディ タタウン村 その4</a><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="//www.youtube.com/embed/cKsRBhjTaog" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。