フリーエリア
ツイッター
フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
104

これも自分と認めざるをえない展

東京ミッドタウンの21_21デザインサイトで開催中の
これも自分と認めざるをえない展、鑑賞。

リンク: これも自分と認めざるをえない展

鬼才、奇才、天才。ミスターだんご三兄弟「佐藤雅彦」氏の
頭の中が見られるというわけで。若者わんさか。

まずは身長体重虹彩などを測定(数値は表示されない)。
ブースが3つしかないのでちょい並びますが。

測定が完了したら、さあ旅に出ましょう。そんな感じ。
安藤忠雄建築なので、壁がすべすべ。

わ、佐藤氏本人が解説してらっしゃる。
右手の人差し指の指紋をスキャンすると、巨大モニタ上にmy指紋が現れる。
それが小さな金魚のようにちらちらと泳ぎ始めて
大きな魚群に混ざってゆく・・・。

「自分の指紋がいとおしいでしょう。」と佐藤氏。 はい。

属性。
男、女、それぞれの扉があって、上部のカメラが私がどっちなのかを判定する。
判定されたほうの扉が開く。

29歳以上と29歳以下の扉も。
若作りしたら逆の突破も可能かも?

小さな仕掛けがいくつか配置されている空間。
ちょいちょい並ぶ必要あり。
ちょっと面倒だけど、全部スムーズに体験してしまうと
あっけないかも。

しばしば小さなマシントラブル。
「うーん、おかしいですねえ」と佐藤氏。
それもご愛嬌。

もっと氏の頭の中が見たいものです。

(鑑賞は2010年7月)





  • Date : 2010-07-19 (Mon)
  • Category : 東京都
フリーエリア
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。