フリーエリア
ツイッター
フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
105

藤森照信展 諏訪の記憶とフジモリ建築

藤森照信展 諏訪の記憶とフジモリ建築、観賞。
平成22年7月24日(土)~8月29日(日)
リンク: 茅野市美術館 藤森照信展 諏訪の記憶とフジモリ建築

豪華で新しい美術館。入り口がわかりずらい。

その庭に浮かぶ、宇宙カプセルのような茶室。
「空飛ぶ泥舟」なるその茶室は、藤森氏とワークショップの一般参加者と地元の職人が
地域の素材を用いて制作したのだとか。

決まった時間に先着順で茶室に入れるらしい。
かなり揺れるとの噂。
リンク: ≪空飛ぶ泥舟≫の公開について

500円と比較的お安い入場料。
ほのぼのとした大型模型と写真が主な展示。
あと使われている素材など。

細川元総理の窯、茶室「不東庵」が特に印象的。

不東庵日常
不東庵日常

って調べてたら、細川護熙展なるものが2010年4月にエルメスであったと。
茶室がここにも。
リンク: 細川護熙展

1つずつがゆっくりじっくり味わいつつ建てられています。
近所で「バスンバスン」とホッチキスみたいなので建てられている家とは
だいぶ違いますなあ。

ワンダーJAPANに載せた「神長官守矢史料館」同様
どの作品も建物が呼吸しているかのよう。
リンク: ARCHITECTURAL MAP 神長官守矢史料館

施主も参加して建てることも多いようで。壊れた時に修繕も自分で出来そう。
うーん、建ててみたい。
まずは一度、藤森建築に泊まってみたいものです。

藤森照信建築
藤森照信建築



  • Date : 2010-08-05 (Thu)
  • Category : 長野県
フリーエリア
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。