フリーエリア
ツイッター
フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22

山寺(立石寺)

芭蕉の句でおなじみ、山形のスーパー観光地、山寺。
2度目の訪問です。

1015段といわれる石段を、ひたすら上るのです。

yamadera001.jpg

前回は、雪がまだ残る春先の夕方で、あたりに人も少なく、
神秘的な雰囲気に包まれていたのですが、
今回は、大観光地に群がるざっくざっくの観光客Aとなって上りました。

前後に人がたくさんいるので、マイペースで上れません。
ひたすら、大汗をかきつつ、上る、上る。

yamadera008.jpg

姥堂に祀られていた奪衣婆(だつえば)とお地蔵さん。
奪衣婆とは、三途の川の手前で死者の衣を奪い取る鬼女とのことですが、
このお方、おじさんかおばさんか不明の、不思議なお顔立ち。こわ。

yamadera002.jpg

次々と現れる、奇岩が織り成す風景。
SFチックで面白いのです。
かつては穴の中に遺骨がおさめられていたとか。
現在は、近づけません。

yamadera004.jpg

yamadera005.jpg

yamadera000.jpg

珍寺大道場でおなじみのムカサリ絵馬。
遺族が、未婚で亡くなった人のヴァーチャル結婚式(あの世での結婚式)
風景を描いた絵馬を奉納するという、このあたりの風習です。泣けます。

yamadera007.jpg

出来るだけ、人が少ない時期に上るのをおすすめします。
1015段のわりに、往復1時間程度なので、意外とささっと行って帰れます。
ここは、歩けるうちに是非訪れていただきたい。
(撮影は、2009年9月)



おまけ☆ 美味しかった山形名物。板状になった梅のゼリー「のし梅」。


  • Date : 2009-09-24 (Thu)
  • Category : 山形県
フリーエリア
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。