フリーエリア
ツイッター
フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23

文翔館

「第2回ボーダレスアート展inやまがた」開催中とのことで、文翔館へ。
(展覧会は、23日終了)
リンク: 第2回ボーダレスアート展inやまがた ブログ

↑こちらの展覧会、タイトル以外の告知なし。
どんな作品が出品されているのか、全くわからず。
もう少し、作品の写真などを使って広報するべきなのでは・・・。
というわけで、空振り覚悟で。


会場は、元県庁の建物とのことで・・・え?あれ?うわ。

bunsyoukan008.jpg


ゴージャスです。
中に入ると、これまた大正ロマンの香りがいっぱい。

bunsyoukan007.jpg

正式名称は
「山形県郷土館(重要文化財「山形県旧県庁舎及び県会議事堂」(愛称:文翔館)
大正5年に建てられました。↓写真豊富。
リンク: 文翔館ホームページ

bunsyoukan001.jpg

ガイドの年配男性がいて、たくさん人がいて、皆、展覧会に来たのかと思っていたら、
この建物内部を見学されていたのでした。

美しいステンドグラス。

bunsyoukan005.jpg

踊りたくなるような正庁室、貴賓室。

bunsyoukan002.jpg

bunsyoukan004.jpg

広い。全体がわかりづらいので、模型の写真を。
ヘッドの部分は、時計塔。

bunsyoukan006.jpg

山形の歴史が時代に沿ってわかる、丁寧な展示もあり。


ギャラリー2から8では、ボーダレスアート展。
滋賀のボーダレス・アートミュージアムNO-MAコレクションの
有名スター作家(このジャンルの)による力作がずらりと並び、
充実の展示内容でした。もちろん展示は、撮影禁止。


全然、変わったスポットじゃないじゃん、との声が聞こえてきそうですが・・・。

こういう展覧会が開かれていることでおわかりのように、
こちらは、会議室、ギャラリー、ホール、中庭がレンタル可能なのです!
しかも、一番安い第1ギャラリーだと、9時-13時半で560円。

個人スポンサーによる、レトロ大パーティー開催も夢ではありません。

しかも、山形には、このレベルの建物が、いくつもいくつもあるのです。
レトロタウン山形。優雅です。

(撮影は2009年9月)




  • Date : 2009-09-25 (Fri)
  • Category : 山形県
フリーエリア
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。