フリーエリア
ツイッター
フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Trackback

Trackback URL

240

ロボットレストラン

歌舞伎町にあるロボットレストラン。すっかり皆様おなじみに。接待を兼ねて、2度目の訪問。

ロボット


料金が、どんどんあがってます。
以下は、千円引きクーポンを使った値段。

家人は入場料3千円時代(弁当付き)と4千円時代に訪問。
私は4千円時代(2ドリンクまたは弁当付き)と、今回の5千円時代(ドリンクも弁当もなし)訪問。

要するに、現在の定価は6千円。けっこうな値段。
レストランという名称ですが、正確には、座ってショーをみるところです。
ショーパブといったほうが良いでしょう。弁当千円、飲み物500円以上。

前回も外国人が多いなあという印象でしたが、今回は、7割、いや8割が外国人。
外国人スタッフ、英語が堪能なスタッフが増えてました。

入り口は、ケバケバワールドの歌舞伎町ど真ん中。
茶髪の兄さん姉さんたちに誘導されるので、まあ、それなりの覚悟で。

早めに到着して、超豪華な待合室へ。4千円時代とはまた違う部屋。

待合室

待合室は3階、ショーは地下と、キンキラキンの階段やエレベーターで移動。
何が何だか、どこにいるのか、よくわからなくなります。

暖房きいてるので、のどが渇く。で、ビールの売り子さん登場と。

何しろ、休日の午後4時の回なもんで(笑)、子連れも多く、酔いまくる人もそうおらず。
さっそくキンキラキンの太鼓ショー、始まりました。

4千円時代に比べると、より日本、オリエンタル色を濃くした演出になってました。
残念なのは、セットが大がかりになった分、1ショー終わるとけっこうな待ち時間が出来ていること。
間延びー。あ、これは蛇踊りね。

蛇踊り

お姉さんたちのセクシーダンスやら着ぐるみ式ロボットやら。
爆音キンキラを見ながら、これは日本のヤンキー文化やねえ とあらためて。
同行者は、このままセットでアジア各国に輸出されるのではとの感想。

確かに、まーったりと歌いあげて踊る、タイのニューハーフショーなどとはまた違います。
コンパクトでスピーディーな展開は、どこにいっても受けるかも。

ロボットメンテの黒上下スタッフや、なんとも多くの人が動いてます。
今日はこれ、あと3回やるわけで。

えーっ!ラストの、天井レールを使っての、巨大飛行機にお姉さんがぶらさがるという、最高の見せ場、無いの?
あれが一番迫力あったのに。
飛行機と戦車とお姉さん軍団三つ巴。そのシーンが消えて残念。
戦車は出ますよ。

戦車


ちなみに、こちら↓が、前回2013年に行ったときの写真。
飛行機にぶら下がる女子軍団。全体的に以前の方が露出が高い!セクシー封印しましたね。

ロボット飛行機

というわけで、以前よりは予約がとりやすくなっているので、急に行きたくなっても大丈夫。
METROPOLIS TIMEOUTTOKYO こんな無料配布雑誌に千円割引ついてます。
ただ、1人1枚必要。5冊持参とかざら。
東京接待には、おすすめスポットです。

  • Date : 2014-12-24 (Wed)
  • Category : 東京都
0

Trackback

Trackback URL

フリーエリア
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。