フリーエリア
ツイッター
フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25

致道博物館

致道(ちどう)博物館。

お目当ては、「ばんどり」のコレクション。

ばんどりとは
荷物を担ぐ時に、背中が痛くならないよう、あるいは、衣服が傷まないように
荷物と背中の間にいれるもの。背中当てのこと。

一般的には、こんな感じ↓のもののようです。
リンク: 西川町ホームページ 民具

しかーし、庄内のばんどりは、ちょっと違う。
カラフル、ファッショナブル、アフリカン(?)。

こちらは↓ 文翔館に展示されていた「はねばんどり」。
(写真がOKだったのは、これぐらい・・・。)

chidou006.jpg

致道博物館ホームページを飾っているのも、ばんどり。
リンク: 致道博物館ホームページ

華やかなものは、「祝いばんどり」とも呼ばれるようですが。
婚礼の時、嫁入り道具を運ぶために使われるため、より装飾的になっていったようです。

そんなばんどりが、各種見られるホームページあり。
素晴らしい。
どこかアフリカの造形に似ていませんか。
リンク: 文化遺産オンライン 庄内のばんどりコレクション

そんな、ばんどりがずらりと並ぶという、致道博物館。

あれ、どうも規模が大きいような・・・。
全体の地図。

chidou005.jpg


・・・ばんどりは、どこ?ちょっとした街になっています。

chidou002.jpg


旧鶴岡警察署庁舎。なんとハイカラな。1884年立。

chidou004.jpg


3階建て!
しかも2階までは自由に上って良し、の
旧渋谷家住宅田麦俣の民家。豪雪地帯仕様。

chidou003.jpg


うろうろしたあげく、ようやく収蔵庫にあることが判明。
ばんどりコレクション、ガラスケースにずらり、鎮座していました。
もう少し、明るい所でじっくりと見たかった。民具いっぱいの雑多な展示だったので。

写真集など、出版されると良いのですが。

(撮影は、2009年9月)
  • Date : 2009-09-27 (Sun)
  • Category : 山形県
フリーエリア
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。