フリーエリア
ツイッター
フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
330

大山さんの授業を受けてきました。

熱中ブログ 「珍寺大道場大博覧会」が楽しすぎた!で、6月に我らの展覧会を丁寧に紹介して頂いた偉人
大山顕さんの授業を受けてきました。

大山さんについての解説はもはや不要と思われます。
痛車Zで大人気の坂口トモユキ先生の授業ゲストが大山さん。2限、約3時間にわたる講義でした。
タイトルは、「ままならなさへのまなざし

珍寺大道場と我ら。いかんせん、情熱と情報量には自信があってもスタイリッシュとは縁遠いのです。
イケてる先生方の素敵なアイデアと魅せ方の秘密をちょっと見せていただこうかな、なんて。


3時間後、ため息。

さすがです。流れるような講義でした。
大山さんの目のつけどころに、びっくりポイントに、なんでなんで調査の方法に、ぽんっと膝をたたきまくりました。
なーるほど。

ぼくは毎年12月になると「浮かれ電飾」と呼ばれる(というか、ぼくがそう呼んでいる)
一般住宅のクリスマスイルミネーションを観察することになっている。
 デイリーポータル「浮かれ電飾」お宅訪問!より引用

主にクリスマス時あらわれるLEDライトを過剰にとりつけた住宅
→ 物量で攻めてくるあのLEDライト地獄
→ ってロボットレストランに似てるよね!
→ そ、れ、は、  デザイナー殺し!


確かに!過剰装飾の前に立ち尽くす、おしゃれ人。
ヘタウマ、色使いすぎ、構成より物量って・・・あれれ、それって我らのことでは。嗚呼。なんかごめんなさい。


「ままならない」ことを隠すのをデザインだと思ってるんじゃないの?
「ままならなさ」と折り合いをつけて、生かすのがいいんだよ。
ほら、過去にさかのぼってみて。昔の地図みてみて。
今では異端とされてるこの鉄塔が、古墳が、道が、川が、建物が先にあったんだよ。

生かして、残して、工夫して、折り合って。
だ、か、ら 今こんなに面白いことになっているんだよー


ざっと書いてみましたが、こうおっしゃっていたかと。はい。ね、なるほどーでしょ。

みる、めでる。それが大事。大人は歴史背景理由を知りたがる。
で、知るとみなくなる。だから教えない、情報与えない!ほら、気になり続けるでしょ。


しょっぱなはそうおっしゃっていましたが、後半は謎の解明解説もされました。
やはり一般人にとってはそれもまた嬉し、です。

大変勉強になりました。
大山さんがおっしゃったように、我らもマニアさん、およびなんとなく珍寺に惹かれるという方とも交流できたらと思います。


HTML手書きで小嶋独観氏が始めた珍寺大道場ホームページ。
データ量が多すぎて、一時期流行ったフレームをつけることもおしゃれに変えることも整理することも出来ず、center/centerのがっちり真ん中集め構成のまま平成に突入。
しかし、あら、意外とこれならsafariもタブレット画面も何でもうまく表示されるじゃない?

というわけで、ひとまわりしてダサイケてる感じになってます!

(2015年11月)
フリーエリア
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。