フリーエリア
ツイッター
フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
38

日帰りマカオ

香港行ったら、マカオもね。

マカオ好き好き。
ギャンブルにもドッグレースにも行ってませんが。

ただ、ぶらぶらと街を歩き、ポルトガル料理を食すだけで楽しい。
島内を循環バスがぐるぐる走っているので、
端から端まで移動するのも簡単。

ただ、のどかな雰囲気を味わったのは、中国返還前の話。

その後、埋め立てられて島が繋がったり、新空港やカジノが多数オープンしたり。
どう変わったか、早足でまわってみました。(2008年の記憶で書いてます。)

詳しいアクセス方法は、こちら↓
リンク: マカオへの行きかた マカオナビ

九龍の乗り場に行ったら、あまりに本数が少なくて予定が合わず
上環ターミナルまで移動。

あとはジェットホイールのチケットを買って、船に乗り込むだけ。
ターミナルもキレイだし、レストランもたくさん。出国も簡単。

が、着いてからが大変でした。
マカオの入国管理の受付窓口に対し、ものすごーい数の到着客が。
あーあ。
着いてから、1時間近くかかったかも。行列がとにかく動かなくて。
(2008年時は、こんな感じ。現在は改良されたでしょうか)

やっと入国し、タイパ島のポルトガル料理店「ガロ」へ。
曇っていたせいもあって、不可思議な風景が珍妙な未来都市に見えました。
新旧ごっちゃまぜ。全体的にダサい雰囲気が漂っていて、居心地が良いのです。

街全体の写真が無いので、こちらのサイトで雰囲気だけでも・・・。↓
リンク: マカオナビ 風景 街並み


「ガロ」の店内。

macau010.jpg

リンク: マカオナビ マカオのレストラン ガロ

おすすめ料理を端から頂き、満足満足。
このあたりはちょっとしたグルメ通りなので、あれもこれもと目移りします。

ぶらぶらした後、世界遺産指定エリアへ。
このあたりは、とても混雑しているのです。
歩いているだけで、ハムやお菓子の試食が次々と手渡されるのが面白い。

macau111.jpg


カラフルなトイショップ。

macau007.jpg



街中は、ポルトガル混じりの、中華。

macau006.jpg


おなじみの聖ポール天主堂跡↓よく見ると、ガイコツレリーフなどあり。

macau000.jpg


上って街中を見ると・・・あの左の大物は何?

macau008.jpg


というわけで入口だけ見てきました。
街の中心に聳え立つカジノ「グランド・リスボア」。

下から撮ると、こんな感じ。すさまじく、大きい。

macau001.jpg


リスボアは老舗で、このレトロデザインの方が旧館。

macau002.jpg


右の円筒形の建物がホテル。以前、宿泊したことあり。
どこに出かけても、戻ってくるのが楽。中は庶民的な雰囲気でした(昔の話)。

macau003.jpg


新旧リスボアが合体した風景は、こんな感じ↓。野望に満ち溢れています。
リンク: ホテル リスボア ホームページ(英語)

グランドリスボアのカジノ・エントランス。ここまでは誰でも入れます。

macau004.jpg


2人のガードマンが守っていたものは・・・。
うわ。思い出せない。
思い出したら、書きます。→ 家人によると、古代の馬の首像だとか。

macau005.jpg


夜には、こんなことになるそうで・・・。↓YOUTUBEより




他にも新カジノが続々とオープン。マカオタワーなんて遊び場もあります。
関空から直接マカオ空港に入るもよし、
リッチに香港から、ヘリで行くもよし。

まあ夜の治安は、現在どんなものか不明ですが、(かなり悪い??)
昼に歩き回る旅行者にとっては、香港より人口密度が低い、のんきな場所。

「おしゃれ」とは言い難い街ですが、是非。

(撮影は、2008年4月)
  • Date : 2009-10-10 (Sat)
  • Category : マカオ
フリーエリア
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。