フリーエリア
ツイッター
フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
44

東京海洋大学水産資料館

東京海洋大学水産資料館。

先日、天皇陛下も訪れた、海洋大学。
有名客員教授は、さかなクン。
学園祭では、マグロの解体ショー。

2003年に、東京商船大学(越中島)と東京水産大学(品川)が
ひとつになって出来た、国立大学です。

で、品川のキャンパスに設置されているのは、海洋科学部。
環境、生物資源、食品、政策文化といった学科なので、
女子がけっこう多いそうな。意外。

海洋工学部が設置されている、越中島キャンパスには、
歴史的な物凄い建物がずらりと並んでいます。
とにかく、渋い。

なので、しょっちゅうテレビロケに使われているとのこと。
ガリレオとか。


で、水産資料館。
これは、品川キャンパスにあります。

入口で、守衛さんに「資料館に行きたい」といえば
入れてもらえます。平日のみオープン。

鯨ギャラリーは、圧巻。
体長17.1メートルのセミクジラの全身骨格が、まるっと展示されているのです。

suisan001.jpg


suisan000.jpg


suisan002.jpg


広い敷地内で、うっかり通り過ぎてしまいそうな資料館。

suisan005.jpg


エントランスには、昭和の空気が漂っています。

そこに現れたのが、学芸員氏。
そう。この資料館の魅力は、なんといってもこのお方。
ここから、つきっきりで学芸員氏が、全展示物の解説をしてくださったのでした・・・。

まあ、展示物は色々あるのですが・・・。南極のペンギンから、海苔にいたるまで。

suisan003.jpg

suisan004.jpg

いやもう、何を聞いても答えてくださる、ソフトな語り口の学芸員氏に、
すっかり魅了された2時間でした。(笑)

軽く3時間を超えて、解説をされることもあるとか。
この方あっての資料館。


木々ざわめき、風吹き抜ける、優雅な海洋大キャンパス。
もちろん船も係留しています。
キャンパス内のトンネルを抜けた先にあった風景。

suisan006.jpg

(撮影は、2009年5月)
  • Date : 2009-10-14 (Wed)
  • Category : 東京都
フリーエリア
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。