フリーエリア
ツイッター
フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
48

タイの〇〇喫茶

2006年末のタイの写真。

2006年に、タイ初のメイド?喫茶が
バンコクのサイアム・スクエアにできたときいて、
探してみたのですが・・・情報が少なくて。

街は年末で、こんな状態。↓

manga001.jpg

道をわたるのも、一苦労。

前方から歩いてきた、タイのおしゃれな男女高校生(と思われる制服姿)に、
住所を見せつつ、英語で尋ねてみた。

「???」
こちらが、「あ、わかんないよね」と日本語でつぶやくと、
「日本の方ですかー?」と、日本語がかえってきた!

結局彼らには喫茶店の場所はわからなかったが、
英語より日本語が得意とは・・・。学校で習っているとのこと。嬉しい。

あきらめかけていたところ、見つけました。あれだ。

manga002.jpg


ちなみにこのお店AKIBAは、猥褻図画販売容疑でオーナーが逮捕され、
2007年9月に閉店したと、聞きました・・・。

が、今年2009年に再度オープンしたとのニュースが。
AKIBA-KISSという名前で、再スタート。別の場所で。
リンク: ハノイの日本人

ということで、消えてしまったAKIBA、2006年ありし日の写真を。
ただの飲食可能な、マンガ喫茶(販売店)にしか見えませんでしたが。

KERURU?

manga003.jpg


入口。アジア女子は、みな同じに見えます。

manga004.jpg


熱心な、ファンのみなさん。

manga011.jpg

manga005.jpg


カウンターにひとり、メイドさんがいただけ。(無愛想)

manga010.jpg


気合を入れてつくられていたのが、メニュー。

manga006.jpg

manga013.jpg

manga007.jpg


メニューの品数は多かったけど、調理出来たのでしょうか。

manga012.jpg


アジア女子。

manga009.jpg


日本語学習中の誰かが書いたのだとしたら、凄い。力作↓。

manga008.jpg


2009年現在。
数年前、日本から本格的なメイドカフェが進出したとのことですが、
2008年に撤退した模様。

マンガ喫茶は、いくつかあるようです。

大都会バンコクだけに、お店の移り変わり激し。

(撮影は、2006年12月)

  • Date : 2009-10-18 (Sun)
  • Category : タイ
フリーエリア
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。