フリーエリア
ツイッター
フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
63

湘南台文化センター その1

湘南台文化センター。
1990年に完成した、超有名施設。
建築家・長谷川逸子氏作。

建ったときには、話題騒然でした。あれからもう、19年かあ。
バブル~な雰囲気ぷんぷんかと。

なかなか足が向かなかったのですが、近くにいったので寄ってみました。
面白い!

とにかくフォトジェニックなので、
色んな角度から、どんどん撮りたくなります。

たまたま、今号のワンダーJAPANにも掲載されていました。




ツワモノどもの夢のあと~な、プチ廃墟的雰囲気を漂わせつつも、
しっかりと現役として稼動していました。
訪れた際には、プラネタリウム改装中。
↓球が、プラネタリウム。球=地球のこと。

syounandai001.jpg

syounandai0027.jpg


尖ったオブジェが多いので、尖端恐怖症の人には厳しい環境。
細かいところまでデザインされています。

syounandai0028.jpg


おしゃれなテラス~と近づくと、「毛虫大量発生!」の文字が。

syounandai0020.jpg


定時になると、これが回って音が鳴っていました。

syounandai0019.jpg


こども館、市民センター、公民館、市民シアターの複合施設です。

syounandai0010.jpg


プラネタリウムへの外階段は、閉鎖されていました。(2009年6月時)
宙に浮いている階段、怖い。

syounandai002.jpg


内側からみると、こうなっています。

syounandai003.jpg


さすがに、傷んでいたり老朽化している箇所が、多数見られます。
金属板が、ペラペラと剥がれそう。

syounandai009.jpg


こちらはおそらく、元ジャブジャブ池。
瓦を使ってあったりと、凝ってます。

syounandai008.jpg


うーむ、べらぼうに面白いのですが、老朽化していくにつれ、
「危ない施設!」との意見が多数出てきそう。

台風が直撃したら、金属片が、手裏剣のようにシュシュシュと飛んでいく、
そんな未来図が浮かびます。

広大なスペースのわりに、施設内は狭くて使い勝手がイマイチのようだし。

まあそれでも、近所の子供たちには、強いインパクトを与えたことは、
間違いないでしょう。(トラウマ?)
多数、建築家が生まれるかも。

写真がたくさんあるので、続きます。

(撮影は、2009年6月)

フリーエリア
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。