フリーエリア
ツイッター
フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
72

目黒区美術館「‘文化’資源としての炭鉱」展

時々、むむ!という展覧会が行われる、目黒区美術館。

あ、展覧会ネタ続きます。
期間限定珍スポット。

現在開催しているのは「‘文化’資源としての炭鉱」展。
リンク: 目黒区美術館「‘文化’資源としての炭鉱」展
2009/11/4(水) ~12/27(日)

このように↓、貴重な写真や絵画作品が並んでいるわけです。
リンク: Part.1-<ヤマ>の美術・写真・グラフィック


圧倒的に面白かったのは、山本作兵衛翁の作品。
これは素晴らしかった。

これまで、東京ではまとまった公開のなかった、
筑豊の、酒仙・画仙炭坑絵師として名高い山本作兵衛の作品を、
一挙に70点ご紹介いたします。

しかも、初期から晩年までの各時期からの制作をまんべんなく選定、
テーマにも意を配し、彼の画業全体を概観できるよう構成いたしました。

(目黒区美術館「‘文化’資源としての炭鉱」展プレスレリース(pdf形式)より)

ということで、本物がズラリと並んでいます。

山本作兵衛翁について詳しく書かれているページ。↓
リンク: 九州の100冊 山本作兵衛「王国と闇」

画像検索で、作品の雰囲気を感じてください。↓
リンク: google画像検索 山本作兵衛

いかんせんこのテーマなので、真っ黒、真っ暗な作品が多い中、
カラフルに着彩された作兵衛作品は、ユーモアも感じられ、
見ていて楽しい。
添えられた文章も凄まじく、もんのすごいエピソード満載です。



書籍も多数。
今回こちらでは、田川市石炭・歴史博物館が発行した充実の作品集が購入可能!
584枚の作品が掲載されています。全部見たい。

作兵衛翁が歌う炭鉱歌のCDも(美術館shopで)販売中。

記憶だけで描かれたという共通点からか、奇しくもこの作品と同じムードあり。↓



他にも
軍艦島資料、炭鉱の人々の写真、炭鉱をテーマにした絵画彫刻・・・と充実の内容。
モノクロ写真からあふれ出すパワーにも圧倒されました。

是非、田川市の博物館にも行ってみたいと思います。
リンク: 田川市石炭・歴史博物館ホームページ

炭鉱の様子がつぶさに描かれた映画作品として思い浮かぶのは、
今村昌平監督作品「にあんちゃん」。



北林谷栄と小沢昭一の怪演が光る傑作です。

特集上映<映像の中の炭鉱>として、
映画作品も同時にポレポレ東中野で上映していましたが、そちらは終了。

いやーちょっとびっくり・・・会場が盛況で。
人気企画でした。
クリスマスに、是非。

(訪れたのは、2009年12月)
  • Date : 2009-12-11 (Fri)
  • Category : 東京都
フリーエリア
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。