フリーエリア
ツイッター
フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
92

蒲郡ファンタジー館 再訪 その4

蒲郡ファンタジー館 再訪 その4

大興奮のノーチラストンネルを抜けると、
こんなに↓美しいシャンデリアがあなたを待っています。

奥では、なぜか車のハンドルのようなものが
ぐるぐる電動で回転中。
カラーセロファンで色が変化するライトに照らされ
幻想的な雰囲気。

gama (20)


くらげ、のようですね。

gama (21)


途中、ガラスケース内にこんなお色気人魚も。
ここまでくると、貝で出来ていないのが
とても残念。つまらない。

gama (22)


もうすぐ龍宮城だから?
唐突にこれまた出来の良い龍が。さりげなく。

gama (23)

はい。龍宮城の入口です。
この時点ですでにお腹一杯なのに、さらに何を見せてくれようと
しているのでしょう。
サービス精神が旺盛すぎます。
もちろん、この門にも貝がびっしりと貼られています。

gama (24)

さて。
門をくぐると聞こえてくるのは、この名曲。↓
聴きながら先へどうぞ。
リンク: YOUTUBE 浦島太郎(唱歌)

わー龍宮城だ~
乙姫と官女?と小ぶりな浦島太郎が
ぐーるぐる回っています。ゆっくりと。

gama (25)


じっと座ってこちらを見つめる美女。
繰り返しますが、この美女も貝で出来ていたらいいのに・・・。

gama (26)


なんだかえらくちびっ子な浦島太郎。
回転し続けているので、うまく撮影できません。
嗚呼これも貝で出来ていたら(以下省略)・・・。

gama (28)


エンドレスで流れる「浦島太郎ソング」を聴きつつ、
しばらくこの龍宮世界を堪能しました。
左から2番目、小さく羽衣をつけて立っている美女(回転中)が
乙姫様かと。
恐怖で泣き続けていた幼児、
無理やり乙姫様とツーショットを撮られていました。

gama (30)


おっ。またオシャレ装飾貝殻オブジェ発見。欲しい。

gama (29)

このあたりでさすがに終わりだろう。
普通、そう思いますよね・・・。
まあメインはこの龍宮城なのですが。
もうちょっと続きます。

(撮影は、2010年5月)
  • Date : 2010-05-22 (Sat)
  • Category : 愛知県
フリーエリア
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。