フリーエリア
ツイッター
フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
94

蒲郡ファンタジー館 再訪 その6

蒲郡ファンタジー館 再訪 その6

幻想的な貝殻世界を抜けると、
意味不明な「光る石」コーナーがあり、
その先には、奇石展示コーナーが。

gama (64)


まあ、普通といえば普通。今までの刺激に比べれば。

gama (32)


出口の先には、お土産店。
ここにいるのがまあ、かなりしつこい売り子さん。
耳元でセールストークを囁かれ続け、落ち着いて物品の確認も出来ず。
(貝細工などが並んでいます。)
今時ここまで粘っこいとは! まあ、これも思いっきり昭和ってことで(苦笑)。

というわけで、お土産店は早々に退散し、
道を挟んだむかいにある「えびせんべい」販売店へ。
こちらではせんべいの試食、無料コーヒーサービスがあり
ゆっくり出来ます。

gama (51)


団体さん、今でもたくさん来るのでしょうか。
社会科見学で来たりすると、大層なトラウマになりそう。

gama(70).jpg


2階には「海底レストラン」が。
11時半頃オープンとのこと。

gama(71).jpg


良く見ると、グロテスク。

gama (35)


光が入ると魅力倍増のシャンデリア。

gama (49)


海中を再現した、ファンタジー感いっぱいのインテリア。
静岡・伊東「ハトヤ」のCMを思い出します。
リンク: YOUTUBE ハトヤCM 浦島太郎編

gama (36)


が、近づいて良く見ると写真がかなり色あせています。残念。

gama (41)

gama (37)


うーん、メニューの内容が・・・。かなり少なくて高額。
撮影のためと仕方なく。

レストランの壁面を飾る貝細工美女達は、
ファンタジー館とは全然異なるお顔立ち。
上品すぎて、ちょっと近寄りがたい。

gama (39)

gama (40)

gama (42)


もう一部屋にも装飾が施されています。

gama (34)

個人的にはもうちょっとポンチな作品の方が面白い。
やはり貝を大量に敷き詰めればよいってもんじゃないのです。


こちら↓のページによると
リンク: ALL ABOUT 名古屋発「B級スポット」BEST5
フィリピンに発注しているのだとか。
なるほど。

たくさんの職人さんによる手仕事の集積なのですね。

最近は「珍スポット」として脚光をあび、若者の来訪が多いとのこと。
これからもこのままで長く営業し続けていただきたい。

このブログは、ファンタジー館の魅力をほんの一部、紹介しただけです。
是非、足を運んで体感してみてください。

(撮影は、2010年5月)
  • Date : 2010-05-24 (Mon)
  • Category : 愛知県
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。